ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

残念な牛角とコラボしたヒカキンシールを手にした息子との休日。

 こんにちは、gatsbyです。

 

 今日は不動産の話は無いので、興味の無い方はスルーしてください。

 昨日は家族の用事で札幌へ行っていました。

 午前中の用事を済ませた所で、お昼になり、昼食は何にしようという話になりまし

た。

 丁度、札幌駅に直結している場所にいたので、ステラプレイスの飲食エリアに行く事

にしました。

 昼時と言う事もあって何処も、

 激混みです……。(-_-;)

 gatsbyは基本、並ぶのが好きではありません。家族もその事を知っているので、なる

べく空いている店を探す事にしました。

 そこで空いていた店をピックアップして家族会議です。

 そして昼から焼肉、

 牛角となりました。

 店に入るとスムーズに席に案内されて、メニューを開きます。

 すると子供が隣との仕切り壁を指さし、言いました。

 パパ、ヒカキンだよ!

 

f:id:GATSBYtan:20190804091338j:plain

 

  

 どうやらコラボ商品を頼むとシールがもらえるとの事でした。

 「じゃぁ、ご飯の後のデザートでね。」

 末息子にそう答えて、焼き肉を注文しました。

 子供達が小さな頃は量が食べられなかったので、色々と注文ができなかったのです

が、今では普通に食べてくれるようになってきたので注文も迷ってしまう嬉しさがあり

ます。(*'▽')

 さて、食事も終わり掛け、末息子はアイスを頼みました。

 

f:id:GATSBYtan:20190804092716j:plain

 

 アイスに蜂蜜がかかっており、中央にはヒカキンの絵がのっています。

 昨日は札幌も熱かった事もあり、末息子はニコニコしながら食べていました。

 

 そして食事も終わりレジに行き、食事代を支払いをしました。

 「ありがとうございました。」

 従業員さんはシールを待っている子供に目もくれずに、レジにお金を入れるとホール

に戻ろうとしました。

 「すみません、ヒカキンのシールをー」

 はぁ? ( ゚Д゚)

 従業員さんは怪訝そうな顔をして、はっきりと私にそう言いました。

 というか、私の方がはぁ?! 何ですが……。(-_-;)

 「ヒカキンとコラボしているアイスを頼むとシールをもらえると書いてあったのです

が……。」

 子供の前でもめるのも嫌だったので、冷静にお願いしてみました。

 「ああ、シール。」

 従業員は奥のバックヤードに行ってシールを持ってきてくれました。

 末息子はそれを受け取り、喜んでいましたが、私の頭の中はハテナがいっぱいでし

た。

 店のあちこちにヒカキンコラボのポスターが張ってあり、知らないわけがないのに、

昼時で忙しいのはわかりますが、あの対応はないなぁ、と思いました。

 子供に優しくされれば、またリピートしようと思う家族が多いと思うのですが、やは

り人手不足で社員教育もやる暇がないのでしょうか?

 とても残念な牛角でのランチでした。

 あ、忘れていました。そこまで苦労して手にしたシールがこちらです。

 

f:id:GATSBYtan:20190804092318j:plain

 

 微妙です…………。(-_-;)

 そんな週末のお話でした。まる。

 

 ↓ 応援のポチッを待ってます。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

僕の仕事は YouTube

僕の仕事は YouTube

 
iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座

iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座

 

 

ふるさと納税返礼品、届きました!! 今度は豚肉4kgです!!

 こんにちは、gatsbyです。

 

 今回は久々のふるさと納税ネタです。

 昨今のふるさと納税返礼品の返礼率が締め付けられ、以前より条件は段々と悪くなっ

ています。

 その中で、家族の多いgatsbyは「質より量」と言う事で、今回の豚肉選びました。

 

f:id:GATSBYtan:20190731072131j:plain

 
 

 

  寄付金 10000円

 宮崎県産豚うで肉 500g×8パック 

 

 寄付先は宮崎県高鍋町です。1万円の寄付で、宮崎県産豚もも肉かうで肉のいずれか

を500gで8パック、届けられます。どちらかは選べません。

 以前なら、1万円で豚肉なら4~6kgというのは普通でしたが、今では4kgでも

多い方になっています。

 それぞれの自治体が頑張って寄付金を増やすために努力しているのを国が止めるの

は、いかがなものかと思いますが……。(-_-;)

 さて、暗い話をしても仕方がないので、今回の豚肉の話に戻ります。

 「焼肉かカレーにでも入れるぐらいしか使い道ないよね。」

 届いた豚肉を嫁に渡すと、その薄さにため息をついていました。

 それでも子供達は焼き肉が大好きなので、全然問題ないのですが、嫁的にはもう少し

ランダムな部位の入った物が良かったみたいです。

 その夜、早速焼肉にしてみましたが、

 美味しい! (*'▽')

 と子供達は喜んでいました。薄いのが逆に食べやすくて好評でした。

 どちらかと言うと私も肉は薄い方が食べやすくて好みです。(*'▽')

 嫁も量がある、と言う事で私のチョイスに納得してくれました。

 皆さんもそれぞれの家族構成や好みで、肉の量を取るか使いやすい部位を取るかを考

えながら、豚肉をチョイスするのも悪くないのではないのでしょうか?

 これから順々にまだ返礼品が届く予定なので、ご紹介がてらに記事にしますので、ま

た遊びに来てくださいね? (=^・^=)

  

 

 ↓ 応援してにゃん♡

   

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

ふるさと納税完全ガイド 2019年最新版 (洋泉社MOOK)
 
ふるさと納税2019 完全ガイド (扶桑社ムック)

ふるさと納税2019 完全ガイド (扶桑社ムック)

 

 

gatsbyさんの住む町の不動産状況。

 こんにちは、gatsbyです。

 

 昨日は久しぶりに渓流釣りに行ってきました。

 基本、インドア派のgatsbyですが、数少ない地元友人と息子に背中を押される形で始

めた釣りも中々楽しくてハマっています。

 

f:id:GATSBYtan:20190729072618j:plain

 

 この写真は私が釣った31cmのアメマスです。

 成果は私がニジマス4匹とアメマス1匹、息子はニジマス5匹、友人はニジマス3匹に

アメマス2匹という釣果でした。

 私の町にはこうした渓流も多く、この日も多くの札幌ナンバーの車が山道に止まって

いました。

 時々はこうした自然の中で、休日を過ごすのも悪くないと感じた一日でした。

 

 

 今日はちょっと思う事があり、私の住む北海道の田舎の町の不動産状況を話していき

たいと思います。

 私の住む町は人口2万人弱で、それは年々減少しています。

 この町は元々の住民は少なく、違う町から仕事などを求めて移住してきた人が寄り集

まった感じの町でした。私の父も六十年前に中学を卒業して、この町に働きに来たのが

始まりでした。

 そんな町も高齢化が進み、空き家が増えてきています。

 都会に住む子供達が、両親が老人ホームに入っていて、誰も住んでいない家を週末に

掃除にくるのはよく聞く話でした。

 この町の土地は安くなりました。一昔前なら坪8~13万くらいしていた価格も今で

は坪5万円も出せばどこでも買えたりします。

 そんな状況で、仕事も減った建設会社は、大工さんを遊ばせないために、自前の貸家

(一軒家)を建築したりしています。お金持ちや地主さんは、町に入り込んできた30

年サブリースをうたっている悪名高い会社Dの営業マンに、家賃保証するからと甘い言

葉を掛けられてアパートをバンバン建築していっています。

 若い人は、新築のマイホームを建てるお金がいないために、中古住宅を買ったりしま

す。

 土地が50~100坪で築25~35年の家なら大体、300~500万円で買えま

す。老人が病院や老人ホームに入って帰れなくなった家を子供達が売る事も多いので、

これからはもっと値段も安く、数が出てくると思われます。

 一軒家の家賃は新築で7万円くらい。中古の築古一軒家で5~6.5万円くらい。

 投資としては新築なら空室を考えると、家賃だけで回収しようと考えるならやはり

20年はかかります。中古では修繕費を考えると最短でも10年といった所でしょう

か。

 しかし、です!! ( ゚Д゚)

 この町で不動産を売る出口戦略はほぼ考えられません。

 売却価格も家賃も年々、下がる一方で、そこが見えないからです。

 利回りにすれば平気で20%は越えてきますが、売却出口がないという事は、

 逃げられないという事です。(-_-;)

 貸している以上、何かが壊れれば修繕しなくてはいけないし、古くなればなるほど金

食い虫です。一軒家で何か壊れれば、一年分の家賃が飛ぶことなど、ザラです。

 近年、私の町はアパートも一軒家の貸家も増え続け、空室率が異常なほどまで上がっ

てきています。

 それでも埋まらないアパートや一軒家の想定満室利回りを20%以上にして売り逃げ

ようとしている人もいますが、それでも売れていないようです。

 それが私の町の、いや、北海道の田舎の現状です。

 その田舎にあって、何か不動産投資をしたいと相談をされる事が多いのですが、やは

り不動産投資をするなら人口の増える場所でやるべきだと思いますし、そう助言をして

います。

 買う物がない、いい物がないと地方不動産投資を試みる人も出始めているようです

が、田舎にはこんなリスクもあると考えてほしいと思います。

 今日はそんな話でした。(*'▽')

 

二次まとめさんからお借りしました。 <m(__)m>

 

 ↓ 応援して……ね?

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

これ一冊で基礎から運用までOK! 投資信託 超入門

これ一冊で基礎から運用までOK! 投資信託 超入門

 
マンガでわかる15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本

マンガでわかる15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本

 

 

不動産投資とお化けと心理的瑕疵のお話。

 こんにちは、gatsbyです。

 

 7月も終わりに近づき、子供達も夏休みに突入です。

 この時期に始まる楽しみは、

 心霊番組です!! ( ゚Д゚)

 小さな頃から、この手の番組が大好きでした。昼間からやる「あなたの知らない世

界」とか3時から放送される心霊特集とか。

 ちょっと年齢的に古いネタですが、懐かしいです。

 最近は、モラル的な事なのか、こういう番組が減ってきてちょっと寂しい気がしま

す。

 そんなわけだからではないですが、今日は過去に書いた不動産とお化けに関する記事

を再度アップしますので、暇な方は読み返してみてくださいね?

 

www.gatsby.website

www.gatsby.website

 

 

www.gatsby.website

www.gatsby.website

www.gatsby.website

www.gatsby.website

www.gatsby.website

www.gatsby.website

www.gatsby.website

www.gatsby.website

 

 二次まとめさんからお借りしました。<m(__)m>

 【お盆だから】幽霊女子達の二次エロ画像【八尺様もいるよ!】【17】

 

 ↓ 応援してにゃん♡

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

 

高速道路で逆走にあったgatsbyさん、危機一髪!!

 こんにちは、gatsbyです。

 

   毎週のように札幌に赴いているgatsbyですが、交通は車で高速道路を利用して通って

います。

 その過程では夏冬問わず、事故現場にあう事は多いです。

 そんな状況下で、あったお話を今日は書きたいと思います。

 

 ↓ 過去に鹿さんとぶつかったお話です。

 

 

www.gatsby.website

www.gatsby.website

 

 

 その日は予定も早く切りあがり、夜8時には帰宅のために高速道路を走っていまし

た。

 「今日の物件は、結構、壁が傷んでいたな。」

 行きかう車も少ない高速度道路でgatsbyは、ぼんやりとその日の不動産情報を一人顧

みていました。

 うん? (*'▽')

 その刹那でした。

 片側一車線しかない高速道路なのですが、なにやら前方が渋滞気味になっていまし

た。車のスピードは50~60kmまで落としても、前の車と車間距離が詰まってしま

うほどのものでした。

 「先頭に遅い車がいるんだろうな。」

 北海道の地方の高速では、通常、80~100kmほどの速度で車が流れるのです

が、それでも遅い車がいるときは少しばかり車が連なる事はよくある事でした。

 そしてgatsbyは、車間距離がまだあったため、ゆっくりとスピードを落としていきま

した。

 しかし、です!!! ( ゚Д゚)

 前方の車のブレーキランプが急激に点滅し、ほぼ止まる勢いで急ブレーキです!!

 「な、なに!」

 一人、車内で驚きながらgatsbyも急減速して高速で徐行運転です。

 すると前方の車の列は徐行しながら、何かを避けるように路肩の方に寄りながら車を

進めていました。

 「動物でも死んでいるのかなぁ。」

 gatsbyは独り言のようにつぶやきまhした。

 北海道では、高速道路に入り込んだ動物が車と衝突する事は珍しい事ではありませ

ん。なんせ、田舎ですから。(*'▽')

 そしていよいよgatsbyの車もその場所までたどり着くとー

 え?……えーーーーーーーーーーー!! ( ゚Д゚)

 gatsbyさん、車内絶叫です!!

 そこには、目が虚ろなお婆さんが運転する軽自動車がノロノロと逆走していました。

 話やテレビのニュースではよく見る事件が、目の前で起こっていました。

 そのお婆さんの車もスピードがほとんど出ていなかったため、狭い一車線を皆がギリ

ギリで交わして通っていました。

 gatsbyも前の車に習って、ゆっくりとお婆さんの車を交わす事に成功しました。

 すれ違いざまで見た運転席にいたお婆さんの顔は、闇に浮かんでいるように見えて、

 怖かったです……。(-_-;)

 その後、反対車線から物凄いスピードでパトカーが走って来ていたので、お婆さんも

無事に高速を降りれたと思います。

 世の中、本当に色々ありますよね。(*'▽')

 

↓ 二次まとめさんからお借りしました。<m(__)m>

 

 ↓ 応援……してください♡

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

ボクんち事故物件 (BAMBOO ESSAY SELECTION)

ボクんち事故物件 (BAMBOO ESSAY SELECTION)

 
事故物件怪談 恐い間取り

事故物件怪談 恐い間取り

 
霊能者と事故物件視てきました (あなたが体験した怖い話)

霊能者と事故物件視てきました (あなたが体験した怖い話)

 

 

「敵は銀行にあり!!」 交渉は闘いである。 ⑤

 こんにちは、gatsbyです。

 

 昨日、平日ながら札幌の築古アパートの内見に行ってきました。

 そこで会う仲介業者さんとは初めてのご紹介だったのですが、とても新鮮でした。

 その業者さんはこれからは土地の値段は上がってもこれ以上は下がる事がない、と断

言していました。下がるとしても地下鉄から遠いところでは、ということでした。

 ちなみにその物件は地下鉄から徒歩15分くらいです。

 私とは言うと、銀行も融資を渋りだし、プレイヤーも少なくなっていく上、今、世界

状況の悪化、米中の対立にドイツ銀行の破たん懸念、日本では消費税における景気の腰

折れなどで下がる方に一票でした。

 最近は自分と同じ考えの人が多かったため、とても勉強になりました。

 投資には絶対はないので、自分とは違う意見は貴重です。

 皆さんも投資する時は色々な意見を聞き、自分で判断する事をお勧めします。(*'▽')

 

 ↓ 前回の復習です。 

www.gatsby.website

 

 

 今日もここから始まる不動産黒歴史、行きます。(*'▽')

 

 投資信託を売却した数日後ー

 「パパ、銀行さんから連絡があって、明日、融資の報告に支店長と一緒に事務所に来

るって。」

 仕事も終わり、夕方に事務所に戻ると嫁がそう言ってきた。

 支店長、メンドクサイ……。(-_-;)

 正直な感想でした。

 「電話でもいいのに。」

 支店長とは、過去の支店長のようにフレンドリーに遊びに来るわけでもなく、あった

事も2回? 3回程度でしたし。

 「結果がどうであれ、一応、来てくれるのならちゃんと対応してね?」

 「嫁がそう言うなら……了解。」

 うちのブレーンには逆らえません。(^^♪

  

 

 「忙しい所、すみません社長。」

 「いえいえ、わざわざ事務所まで、すみませんね。」

 後日、事務所で私は課長と支店長を快く向かい入れました。

 二人とも表情がとても朗らかでした。

 「社長、今回は苦労しましたよ。」

 支店長は満面の笑みで口を開きました。

 「本部が渋るのを説得するのに苦労しました。」

 その様子に、

 ああ、手柄を褒めてほしいのか。('_')

 とても分かり易い展開でした。

 「期間は10年ですが、

 0.5%で押し切りました!! ( ゚Д゚)

 一人黙っている融資課長を横に、支店長、激熱です。

 私にとってそれは別段、無理レベルではないはずなのですが、支店長の熱さに仕方な

くそのミュージカル調の劇に参加する事にしました。

 「ありがとうございます!! 流石、支店長ですね!! 素晴らしい!!」

 「他の人なら、融資土台にも乗らない物だったんですよ。」

 すかさず融資課長が追加よいしょを始めました。

 「私も苦労しましたけど、gatsbyさんには預貯金もですが、投資信託も大きく買って

いただいていますから。」

 「いえいえ、うちなんか。」

 謙遜する自分に心の中で、苦笑いです。(*_*)

 それからは、町の経済状況や過去の支店長の話などで時間を費やしました。

 それでも、中々、帰りません。

 通常なら仲の良くない支店長は、基本、長居をしません。 それは物事を頼まれればそ

こで返事をしなくてはならなくなる地位にいるからでした。

 そんな時間の話の中で、投資信託の話になりました。

 キランッ。

 その刹那、支店長の目が輝きました。

 「できればでいいんですが、また投資信託などを買ってくださいよ、社長。」

 焦れたせいか、支店長、直球です。

 これでいいのか? そう思いながら、gatsby、苦笑いです。

 「まぁ、今回は頑張っていただいたので、検討しますよ。後で、なにかしら資料をく

ださい。」

 「では、明日にでも!」

 融資課長の追撃です。(*'▽')

 「わかりました。時間を空けておきます。」

 私のその返事で、この茶番的ミュージカルも幕を下ろしました。

 本当に銀行は、

 現金なものですね。(*'▽')

 そんなお話でした。まる。

 

 37

 二次画像ブログからお借りしました。 <m(__)m>

 

 ↓ 応援……してよね。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

 

 

「敵は銀行にあり!!」 交渉は闘いである。 ④

 こんにちは、gatsbyです。

 

 そう言えば嫁の誕生日が近いので、何か欲しい物があるか探りを入れた所、

 「気持ちだけで十分だよ。それよりサプライズで大きな買い物をカードでしないで

ね?」

 微笑みながら、嫁は言い切りました。

 過去のサプライズ攻撃の余波をまだ覚えていたみたいです……。(-_-;)

 

 ↓ 過去の嫁へのサプライズ記事 

 

www.gatsby.website

 

 

 今日もここから始める不動産黒歴史、始まります。

 

 結局、新人女性に言われるまま、待つ事になりました。

 「別にいいのに。」

 ため息交じりに、ボヤキを入れたくもなりました。

 ただ、120万ほどの投資信託を解約するだけなのに、いちいち来なくても、と思い

ました。

 大体、そこまで扱いを良くしてくれるなら、

 融資の時に見せてくれよ!! ( ゚Д゚)

 心の叫びでした。(*'▽')

 「大変お待たせしました。」

 昨日の今日で融資課長、苦笑いで登場です。

 「投資信託を解約するだけの話だから。課長が出てくるほどの物でもないでしょ?」

 「いやいや、そう言うわけにも。」

 意味が分からん。('_')

 正直、苛立ちが先行していました。

 「利益が出ているから、売るだけだよ、問題ないでしょう?」

 私は色々と言われる前に、先に先手を打ちました。

 「でも世界景気もアメリカと中国が落ち着けば安定していますし、まだ伸びしろ

が……。」

 課長が私の投資信託の一覧を見ながら話すのを見て、私は理解しました。

 その紙には、今私が売ろうとしている物の他に、2銘柄が載っていました。

 一つは、収支がマイナス100万と書かれたものと、もう一つはプラス70万円と書

かれたものがありました。

 私は、課長を見て確信しました。

 ああ、こっちも売られたら困るから、か。(*'▽')

 そのプラスの投資信託は額面にして4100万ほどでした。

 それは以前の支店長のお願いで、付き合いで買っていたものでした。

 そこでちょっと意地悪なgatsbyが顔を出し始めました。

 私は知っていました。売られると支店の投資信託残が減り、それを穴埋めしないとい

けない数字が必要になる事を。

 「それもプラスになっているから、売ろうかなって思ています。」

 「え!? でも、ブラジルレアルも戻してきていますし、これからですよ!」

 「でも、明日の事なんて誰にも分からないですし。」

 私はそう言うと、課長に微笑みました。

 課長の顔が引きつっています。

 「それに融資の結果次第では、早かれ遅かれすべてを移すのだから、同じ事ではない

ですか?」

 「いやいや、そちらの方は全力で当たらせてもらってますから!」

 「まぁ、そう言うのなら、まだレアルも戻しそうですし、様子を見てみますか。」

 私は悩むふりをして、そう答え、当初の予定通り120万円のニーサ枠だけを解約し

ました。

 課長はホッとした表情をしました。

 その態度をみて、やはり課長もうちの資産状況を把握していなかった事を確信しまし

た。

 本当に銀行員として、

 怠慢ですよね……。|д゚)

 だけど、ちょっとだけ、胸のモヤモヤがスッキリしてgatsbyは手続き後、帰路につき

ました。

 

 次回、

    融資結果、出ます!! (*'▽')

    お楽しみに!!

 

 気の向くままtumblr

  

  

  Elly Jarryさんからお借りしました。 <m(__)m>

 

 ↓ 応援してにゃん♡

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

  

 

 

 

「敵は銀行にあり!!」 交渉は闘いである。 ③

 こんにちは、gatsbyです。

 

 今回の事で、交渉とは本当に難しい、と感じました。

 押しすぎても駄目だし、引きすぎると話にならない。

 それが数千万の話になれば、必死にもなります。

 そんな交渉の末の結末まで、お付き合いくださいな=^_^=

 

 ↓ 前回の復習。 

www.gatsby.website

 

 

 ここから始まる不動産黒歴史、行きます。

 

 「その顔、まさかダメだったの?」

 疲れた顔をして帰宅した私に嫁が心配そうに話しかけてきた。

 「ははは、まさかの坂を転げ落ちたよ。」

 「そのオヤジギャグと銀行さん、どっちが寒いのかしら?」

 銀行に決まっているだろ!! ( ゚Д゚)

 思わずシャウトなgatsbyです。

 そして、私は嫁に事情を説明しました。

 「あらら、随分と冷たくなったのね?」

 「冷たいどころの話じゃない、完全なシベリア極東並みだよ。真面目な話、別口にお

願いしに行かないといけないかも。」

 「そうなったら、それでいいんじゃない? 駄目なものを無理にお願いするより、貸

してくれるところに行きましょうよ。」

 嫁は私に微笑み掛けると、後ろからハグをしてきた。

 「大丈夫だよ、旦那様♡ このぐらいの逆境はいつもの事でしょ?」

 「あ、うん。平気。まかせて!」

 嫁に乗せられた気もしたが、単純構造なgatsbyはこれで再び、再起です。

 

 

 翌日ー

 「一応、資産を移す事になった時のために、銀行さんから買った投資信託、いつでも

整理できるように見ておいてね。」

 「了解でし。」

 嫁の依頼事項に返事をしました。

 私はそれからパソコンで個人所有の投資信託を見て、利益の出ている物を確認しまし

た。

 「このニーサの奴は、小さいから利確しておくか。」

 私個人の投資信託は3銘柄ほどあり、その内、2銘柄はプラスでした。そのうちの一

つがニーサ枠の物でした。

 決めたら即実行のgatsbyは嫁に事情を話し、それだけを売る事を決めました。

 一応、うちの渉外担当者に連絡を入れましたが、外廻りをしていたようなので、くわ

しい説明はせずに、直接銀行に行く事にしました。

 いつもなら銀行の二階に上がり対応してもらうのですが、それも嫌だったので、一般

のお客が投資信託などを相談する一階の一般窓口に並びました。

 「いらっしゃいませ、今日はどういったご用件でしたでしょうか?」

 対応してくれたのは新人らしき女性でした。

 私はちょっとホッとしました。

 一階の一般カウンターでも、昔ながらの顔見知り社員さんもいるので、その人に当た

ると上階に行くように勧められるためでした。

 「ニーサ枠で投資信託を持っているのですが、それを解約をお願いできますか?」

 「わかりました。通帳か何か、お持ちですか?」

 私は通帳を預けました。

 「少しお待ちいただけますか? お調べします。」

 それから数分ー

 「お待たせしました。これがお客様の投資信託の状況になります。」

 慌てて戻ってきたその女性は、私の投資状況が印刷された紙を持ってきました。

 「それでこちらを解約ー」

 「ちょっとお待ちいただけますか?」

 私の言葉を遮り、女性は慌てたように言葉を挟んだ。

 嫌な予感がしました。私が視線を紙からあげると、旧知の社員達と目があいました。

 ちっ、見つかった。(-_-;)

 別に悪い事をしているわけではないですか、面倒な事になる予感が満載です。

 「いや、この120万のニーサ枠を解約してくれればいいから。書類を書けばすぐで

しょう?」

 正直、誰かを呼ばれるのも嫌だし、昨日の今日なので会いたくもありませんでした。

 「今すぐ、課長が降りてきますので。」

 いやいや、いいから! ( ゚Д゚)

 私は新人女性を必死に引き止めました。

 「ただこれを解約するだけだから、呼ばなくていいって。急ぐから解約書類出して、

ね?」

 「私も困ります、すぐに来ますから、お願いします。」

 「本当に気を使わなくていいから、お姉さんでもできるでしょう?」

 「いや、私では……。」

 私の言葉に、新人女性は困り顔で更に懇願してきました。

 私も新人をいじめるサドではないので、ため息をつき了承しました。

 そして課長と再び対峙する事となりました。

 

 次回、

    連日の課長面談。

    お楽しみに!!

 

 ↓ 猫耳女子のイラストからお借りしました。<m(__)m>

 

 「猫耳 美少女 絵」の画像検索結果 ↓ 応援してにゃん♡

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

 

 

「敵は銀行にあり!!」 交渉は闘いである。 ②

 こんにちは、gatsbyです。

 

 リアルタイムで進んでいるこの銀行闘争で色々と考えさせられました。

 物件を買えないからと言って、気を抜いてると足元をすくわれる。

 いい勉強になりました。

 何かと平和だとボケてしまうトラブルジャンキー的gatsbyですが、これからもトラブ

ルに邁進、いや物件購入に邁進したいと思います。(*'▽')

 

 ↓ 前回のお話。 

www.gatsby.website

 

 

 今日もここから始まる不動産黒歴史、行きます。

 

 私は銀行の応接室にいました。

 「前回の担当者の稟議書を見ましたが、本当だったんですね。」

 テーブルを挟んで座るのは、私の渉外担当者と融資課長でした。

 そう言葉を発したのは渉外担当者でした。

 「私の話を信じていなかったんですね。」

 「いやいや、そう言うわけではないのですが……。」

 私はにこやかに言葉を返しました。

 「それでこの物件ですがー」

 場の空気を換えるように融資課長が本題に入った。

 私は、課長から聞かれる買った後などの運用方法、その後の出口戦略などを細かく説

明した。課長はその言葉に一つ一つ頷いていた。

 「そうですか。それで条件的にどれほどを希望でした?」

 「期間は融通が利かないのは承知しているので、10年元金均等。金利は前回と同じ

0.5%でお願いしたい。」

 「0.5ですか!? それは無理ですよ。」

 課長は一瞬、目を丸くして大げさに驚いて見せた。

 「前回はそれで通っていたはずですが?」

 「それは金利引き下げで、0.5%にしたまでです。最後の融資時には金利1%を超

えていたので、本部で審査したとして1%以上にはなります。」

 はぁぁぁぁ! ( ゚Д゚)

 私は融資金利が1%以上と聞いて心の中で叫びました。

 しかし、目の前の二人が驚いた表情をしていたのを見ると声は漏れ出ていたかもしれません。

 いや、出ていました。(*'▽')

 「いやいや、1%以上とか、あり得ないでしょう!?」

 「でも前回の借り入れはもう5年も前の話になります。五年前とは銀行自体も色々と

状況が変わります。」

 はぁぁぁぁぁぁ!! ( ゚Д゚)

 再び、gatsbyさん絶叫です!!!

 もちろん、声も副音声ではなくメインでお送りしています。(=^・^=)

 「随分とおかしなことをおっしゃいますね。五年前より景気は良くなり、ゼロ金利

策は更に加速したはずですよね? 正直、私の周りで5年前より高い金利で借り入れし

ている仲間など皆無なのですが?」

 「うちの銀行も色々と変革もありまして。一応、本部には掛け合いますが。」

 課長はまるで暖簾に腕でな対応でした。

 私はテーブル側に身を乗り出した。

 「五年前には数億の借金がある状態で0・5%、今は借金も一切なく、御行に会社と

個人で数億の現金を置いているのに、たった1500万円融資の金利を以前よりあげる

と? その見識で間違いないですか?」

 私の言葉に融資課長の表情が硬くなり、隣の担当者を見た。

 私は二人のやり取りなど気にせずに言葉の追撃を開始した。

 「今まで私は歴代の支店長と約束してきました。金利を安くしてくれる代わりに、他

行に融資を申し込んだり投資信託などをしないで、御行一行だけのお付き合いで行く事

を。それを反故にするなら私にも考えがあります。」

 「いや、そういう申し送りは聞いていなかったものでー」

 「結構です。」

 私は言い訳をする融資課長の言葉を斬りました。

 「周りの投資家は、最低でも3~7行の銀行とお付き合いしているのが普通で、私み

たくメインバンク一行というのは稀なんです。」

 私は怒りで高揚する語気を抑えるのがやっとでした。

 「もうこれで約束は反故にされたと私は理解します。」

 「いや、gatsbyさん、本部にかけー」

 いや、もう結構です。('_')

 怒りは沸点に達していました。

 「会社と個人資産で預けている現金、数億をもって他行にすべて切り替えます。御社

に委託している数千万の投資信託も同じです。」

 「こればかりは本部審査なので私共といたしても努力しますが、もし駄目になった

ら?」

 「言葉通りです。別に御社だけが銀行ではないし、融資は受けてはいないけどお付き

合いのある銀行はあるので。」

 「!!!」

 「では、結果を楽しみのしていますよ、融資課長さん。」

 苛立つ私はそう言うと席を後にして帰宅しました。

 銀行は{晴れた日に傘を差し、雨の日には取り上げる}との格言がありますが、

 晴れの日にも取り上げるんかい!! ( ゚Д゚)

 銀行から出た私は、そう叫びそうになりました。

 

 次回、

    gatsbyさんの揺さぶり攻撃!!

     お楽しみに!!

 

  ↓ 応援してにゃん♡

  クリックすると新しいウィンドウで開きます

   のらきゃっとさんからお借りしました。<m(__)m>  

>にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

 

まねきねこ不動産 (4) (ねこぱんちコミックス)

まねきねこ不動産 (4) (ねこぱんちコミックス)

 
主婦でも大家さん 頭金100万円でアパートまるごと買う方法 (朝日コミックス)

主婦でも大家さん 頭金100万円でアパートまるごと買う方法 (朝日コミックス)

 

 

「敵は銀行にあり!!」 交渉は闘いである。 ①

 こんにちは、gatsbyです。

 

 今日の記事は、前回紹介した投資信託売却の前日から話は、始まります。

 この話はまるで、過去の不動産投資に奮闘する自分の歴史をトレースするが如き、懐

かしき闘いでした。ある意味、それは興奮とある種のエンターテイメント的な楽しさも

ありましたけど。(=^・^=)

 

 ↓ 過去の銀行系のお話

 

 

www.gatsby.website

www.gatsby.website

www.gatsby.website

 

 

 それでは今日もここから始まる不動産黒歴史が、

 開幕です!! (*'▽')

 

 それは週末、札幌に不動産探しの旅の末、やっとの事で良さげな物件を見つけた所か

ら話は始まります。

 「買い付け証明書を出していただければ、売主様に交渉したいと思います。」

 「じゃぁ、今書くのでよろしくお願いします。」

 私は物件を紹介してくれた仲介業者さんと上手く話がまとまり、数年ぶりに買い付け

証明を入れました。

 「即決なんて凄いですね。」

 「最近、中々良い物がないから、気に入った物件があればすぐに決めないと。」

 私は苦笑いしながら説明した。

 「これは耐用年数オーバー物件ですが、融資は大丈夫ですか?」

 「問題ないと思っています。もし私の条件を呑んで頂けるのなら、融資条項(不動産ローンが通らなかった時は契約を白紙に戻す)はナシで結構ですよ。ローンがつかない場合は現金で買いますので。」

 「それを聞いて安心しました。私も全力で話をまとめさせていただきます。」

 仲介業者さんは、安堵した表情でそう答えた。

 この物件は3000万弱の築古木造で、私は問題なく買えるとその時は疑う事もなく

思っていました。

 

 

 

 後日ー

 タイミングよく私の事務所に銀行の担当者が来ました。

 「ところでー」

 私は買い付け証明書を出した物件の事を相談しようと思い、口を開きました。

 それは数年、不動産融資を借りていない事もあり、銀行の考え方も変わっていたら

困るので一応確認のためとの思いがあったからでした。

 そこで不動産の物件情報や価格を話しました。

 「木造の築古で耐用年数オーバーだけど融資は大丈夫だよね?」

 「これ耐用年数をオーバーしていますよね。融資は基本、耐用年数以内の融資となる

んですよね。」

 はぁ? はぁ!! ( ゚Д゚)

 一瞬、私は何を言われているのか分からないほど驚きました。

 「いやいや、今まで何件も同じものを融資してもらっている実績があるけどダメな

の? なら耐用年数オーバーは融資期間をどれだけつけられるの?」

 「多分ですが5~8年くらいですかね。」

 おい! ( ゚Д゚)

 この中途半端な年数にツッコミです!!

 「以前は最低でも10年はつけてもらっていたよ!!」

 「今は本部も厳しいですからね。」

 その言葉に気分はまるで倒産寸前の町工場社長でした。

 

 ↓ 池井戸さんの世界ですね…………。(-_-;)

 

ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

 

 

 

 担当者は表情も変えずにそう言い切りました。

 私は確信しました。

 こいつ、絶対に私のクレジットファイル(私の過去の融資や資産状況を書いたも

の)見ていないな、と。

 もうそんな扱いになっている事自体、笑いそうにもなりましたが。(*'▽')

 おかげで、私の闘志に火が付きました。

 「わかりました。それならそれでしょうがないですね。一応、後で資料をお持ちする

ので検討してみてください。」

 「わかりました。」

 担当者は私の変化を知ってか知らずか、表情を変えずに答え、事務所を後にしまし

た。

  

 次回、

    銀行闘争、再び!

    お楽しみに!!

 

 ↓ 応援してくださいな♡ (*'▽')

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング