読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

天真爛漫な女友達と良く当たる占い師を訪れるのは間違っているのだろうか? (=^・^=) ①

 こんにちは、gatsbyです!

 

 「信じるか~」シリーズも終わり、そのせいか、ちょっと昔を思い出したのでその

事を今日は書いていきたいと思います。

 基本は、「黒歴史」シリーズの時代、ヤングgatsby、大学時代の話です。

 

 ↓ 黒歴史のはじまり物語です。

 

www.gatsby.website

 

  

 ねぇ、 占いって信じる? (=^・^=)

 このセリフを問いかけられた1時間後に私は、古い雑居ビルの入り口に立っていました。

 「gatsby君、行こう!」

 「え、あ、うん。」

 K美に促され、私はその雑居ビルに入りました。

 K美とは仲の良い友人で、恋多き彼女の相談に乗るのはいつもの事でした。そして、

最近の彼女の流行りは占い巡りだと知って今に至りました。

 「ここよ、ここ!」

 「ああ、そうみたいだね。」

  階段を登り切ったそのフロアーの受付で、K美は占いの予約をしました。

    「gatsby君の分も予約しておいたから!」

 「オレも?」

 「うん! ここは本当に良く当たるんだから!」

 どうやら、マイペースなK美さんにとって私の選択権など存在してない感じでした。

 ふぅ。(-_-;)

 この子の行動には、いつもながら振り回されっぱなしです。

 元来、飽きっぽい性格のせいなのか好きな男の子もコロコロ変わり、相談されるた

びに違う男の子の名前を聞いては驚かされてばかりでした。

 それでも上手く付き合いだすこともありましたが、中々長く付き合いが持続する事

は皆無でした。

 「皆、gatsby君みたいに理解力があればいいのに!! もう本当に見る目ないよ

ね、男って!!」

 「いやいや、君がもう少し落ち着いて恋愛をすれば良い問題ないのでは? 前の彼

氏さんだっていい人だったじゃないか? 何が不満で別れたんだ?」

 占いの待ち時間で、私は彼女の愚痴を聞かされていました。

 付き合って二カ月で別れた彼氏は、私も知っていました。その彼は本当に真面目

で、K美の事を大切にしていました。初めて付き合った女の子がK美なんだ、との告白

も聞いていただけに、同情をせずにはいられませんでした。(-_-;)

 だって、

 何か違うなぁって。(*'▽')

 はぁ!? ( ゚Д゚)

 一瞬、切れかけた刹那ー

 「K美さん、どうぞ。」

 「はーい、行ってくるね、gatsby君♡」

 彼女は満面の笑みで、占い師のいる部屋に入って行きました。

 私は彼女のよく言えば天真爛漫、悪く言えばノー天気さに、ため息をつきました。

 

 ここの占い師は良く当たる、そうK美は私に説明していました。

 実は私もここの占い師の噂は耳にしていました。就職先を当てられた、引っ越し先

を当てられた、自分しか知らない事を言い当てられた等を女の子達から結構聞かされ

ていました。

 ただその占い師は、言い方がズバズバとはっきりと言うタイプらしくて、泣く子も

出るらしいとの補足も聞き及んでいました。

 お金を払って、泣かされるってー

 どんだけ女の子がM体質なのか、疑問に思うほどでした。

 正直、当時の私は経験則から神も仏も信じていませんでした。

 天は自ら助くる者を助く

 祈って救われるのなら、誰も不幸にはなりません。神の手助けなど、最後のオマケ

程度のものだ、と当時の人間不信な自分はそう思っていました。

 ひねくれていたんですね~、自分。(-_-;)

 まぁ、その話はさておきー

 30分後ー

 占い師の部屋の扉から彼女が出てきました。

 「gatsby…君。ふぇ~ん。」

 ノー天気なK美が半泣きで私に抱き着いてきました。

 私は彼女の頭をヨシヨシしながら話を聞きました。

 どうやら、彼女は占い師から恋愛は中々成就しないと言われた上で、結婚をする事

もそれを継続する事も更に難しいと言われたみたいでした。

 「大丈夫だよ、K美。占いは占いでしかないだろ? 未来は自分で切り開くもの

だから、ね?」

 「ならー」

 彼女は涙をいっぱいに貯めた瞳で私を見上げました。

 gatsby君、結婚してくれる? (T_T)

 「ねぇ、ねぇ、ねぇ!?」

 「はは、いきなりプロポーズ? その過程の恋愛を飛び越してるよ、K美?」

 私は突然の彼女の求愛に苦笑いをしました。

 「次の方、どうぞ。」

 そのタイミングで私にお呼びがかかりました。

 いよいよ私の番が来ました。

 

 次回、

 「ヤングgatsby異生活」、どうする、どうなる!?

 お楽しみに!!

   

 

 ↓ あ、そこの読者様ぁ!! 押してくれないなんて、ひどくないですかぁ!?

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング