読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

三棟目のアパート経営から……RE:彼女の物語  Ⅴ 美人入居者の旦那さん 24 + このブログは一応不動産投資成功ブログです♡ (=^・^=) 

   こんにちは、gatsbyです! (*'▽')

 

 最近、私のブログがネガティブすぎるのでは、と指摘された事がありました。

 まぁ、

 その通りなんですが……。(-_-;)

 このブログを読んで不動産投資をしようと言う人は少ないかも……。(*'▽')

 ある意味、ネガティブキャンペーンみたいな? 

 う~ん、そう読み取れちゃいますよね~、まったく。

 半分以上は、不動産投資と言うより私の不幸体質にあるんですけどね。ヘビーな読者

様なら理解していただけると思うのですが。

 まだまだ成功例を上げるまで、話が進んでいないだけなんですよね~。

 たぶん、一番の成功例を上げれば、そこらの不動産成功例の書籍タイトルを一棟で稼

ぎ出した話もあるのですが、またそれは後日談として記事に上げます。(*'▽')

 

 と、いうわけで今日のネコさん♡

 

 

 

 今日もここから始まる不動産黒歴史です!! (*'▽')

 

 二人が愛の逃避行をした後日ー

 

 私とY子、そしてM美さんの旦那さんとアパートの前にいました。

 「この度はご迷惑をかけて申し訳ありませんでした。」

 旦那さんは私を見るなり、深々と頭を下げ謝罪しました。

 それから旦那さんは、事の経緯を話し始めました。M美さんが生活に息詰まるとすべ

てを投げ出して出て行ってしまう事、それを旦那さんが町中探し回って連れ戻す事、ま

だ小さな子供もいて別れられない事。

 それでも結局、別れられないのは妻を愛しているから、といった旦那さんに私は同情

を感じました。

 「割ったガラスは弁償します。それとたぶん妻は、私に見つけられたので、この部屋

には帰ってこないでしょう。荷物は私の方で片づけさせていただきます。」

 「Y子、それでいいか? 一応連帯保証人は君だから判断は任せるよ。」

 「普通、帰ってこれないでしょ? 私は旦那さんにまかせるよ。」

 「了解。」

 私は部屋の中を確認したい、という旦那さんの意向に沿って玄関の鍵を開ける事にし

ました。

 ガチャッ。

 差した鍵が回り、玄関扉が開きました。

 

 次回、

「アパートしくじり異生活」、子供たちの心の叫び。

 お楽しみに!

    

 

 応援ぽちボタン ドラマ

お兄ちゃん的には、こう、迫られるのは……あ♡……まだらめ!? 押さないで、ね?

   ↓ ↓ ↓

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

  大学生の頃、札幌で開催されてM・C・エッシャー展を一人で見に行った事を思い出

しました。あ~あの時はって色々と思い出しますね。あの錯覚感が堪らなく不思議で魅

力的でした。

                                   M・C・エッシャー

マウリッツ・コルネリス・エッシャー(Maurits Cornelis Escher, 1898年6月17日 - 1972年3月27日)はウッドカットリトグラフメゾティントなどの版画製作でよく知られたオランダ画家版画家)である。建築不可能な構造物や、無限を有限のなかに閉じ込めたもの、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を作り上げた。