読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

三棟目のアパート経営から……RE:彼女の物語 Ⅲ 美人入居者の正体 22  

  こんにちは、gatsbyです! (*'▽')

 

  最近、しょんぼりが続くgatsbyです。(-_-;)

 ツンな嫁は全然かまってくれないし、デレてもくれません。

 ハグをお願いしても不機嫌です。

 しまいには、

 「札幌で女の子と遊んで来ればいいじゃない?」

 泣きそうです。(T_T) 

 これでもgatsbyさん、モテるんだから! 知らないんだから! 

 グスンッ。(T_T)

 不幸の三連コンボが過ぎても、そんな辛い今日この頃です。

 

 あ~そんな心を癒してくれるのは、ネコさんです♡

 

 

 

 

 今日もここから始まる不動産黒歴史です!! (*'▽')

 

 その話から二週間後の日曜日ー

 私は用事でアパートの前を車で通っていました。

 うん?

 その視界に、外された網戸が壁に立てかけられていたのが入ってきました。

 私は不審に思い、それを確認するために車をUターンさせ、アパート敷地内に車を入

れました。

 その網戸の位置は、M美さんの部屋でした。

 大家さん!! ( ゚Д゚)

 突然、車から降りた後方からする呼びかけに私は驚き振り返りました。

 そこには慌てた表情をしているTさんが立っていました。

 「どうかしましたか、Tさん。そんなに慌てて。」

 「大家さん、もしかして連絡がいっていないのですか?」

 「連絡?」

 凄く嫌な予感です……。(-_-;)

 「昨日の夜中、パトカーまで来て大騒ぎだったんですよ!!!」

 はぁ? パトカー!? ( ゚Д゚)

 私は彼の言葉に驚きました。

 「M美さんの所に突然、中年の男が来て、出て来い!!って叫んで。」

 Tさんは思い出したように興奮して説明を続けました。

 「彼女、一度たまらず玄関に出てきて、男に外で説明するからって待たせてたんだけ

ど、中に入ったっきり出てこなくて。どうやら部屋の中には彼氏といたみたいで。それ

でその中年男、旦那さんみたいなんですけどー」

 うん? 旦那!! ( ゚Д゚)

 メロドラマのような展開に頭がついていきません。

 「それで出てこないM美さんに、旦那さん何度も叫んで出てくるように言っていたん

ですがー」

 「……それで?」

 「旦那さん、しびれを切らして窓ガラスを割って部屋の中に入ろうと。」

 窓ガラスを割って!! ( ゚Д゚)

 私は網戸の外れたサッシに視線を移しました。

 ああ、ガラスが割れてます……。(-_-;)

 「それで近所の人が警察に通報をして……。」

 「Tさん、なぜ連絡をくれなかったんですか!!」

 「私は連絡をした方がいいって言ったんですが……。」

 彼は気まずそうにその理由を話しました。

 短気な大家さんまで来たら事が更に大事になる、と近所の人が気を使ってくれたみた

いです……。

 ああ、どんなイメージだよ……。(-_-;)

 ここでW家との闘いの印象が影響するとは……。

 

 次回、

「アパートしくじり異生活」……暴かれる真実!!

 お楽しみに!

 

 

  応援ぽちボタン ドラマ

わ、本当に来るか、おい! もちつけ、二人! 冗談だっ……いや、やめて……押す!

   ↓ ↓ ↓

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

日経マネー(ニッケイマネー)2017年3月号

日経マネー(ニッケイマネー)2017年3月号

 

 

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活