ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

不幸王子gatsbyさん、黒歴史を語る。 ⑮ 真実の先にあるもの。 ファントムになるgatsby君。 

 こんにちは、gatsbyです! (>_<)

 

 やっと写真の犯人編まできました。A子の事を書きすぎて、全然進みませんでしたけ

ど、やっとです。ちょっと長いですが、読んでくれると嬉しいです。

 

 ↓ 投資の話に興味がある方はこちらも読んでね?

 

www.gatsby.website

 

 

 「ふぅ。」

 私は缶コーヒーを片手にコンビニの入り口が見える位置に立っていました。

 時計は夜の十時を回っていました。

 

「セブンイレブン...」の画像検索結果

  

  「彼女、きっと後悔している。」

 A子は私にそう言いました。

 A子が私の情報を集めていた段階で、写真の事件も知り、その同時期に学校に出てこ

なかった子がいた、と話してくれました。

 そしてその子は、A子の探りに分かり易いぐらい顔を青くして反応した、とも付け

加えました。

 私はその子を知っていました。N美という、ちょっと内気な子でした。

  以前にも何度か悩み相談を受けた事がありました。

 「う~ん。彼女、今は学校に来ているの?」

 「それがね、まだ休んでいるみたい。」

 そういえば、最近、同じ女子のグループにも姿を見ていない気がしました。

 「了解。ありがとう。後は何とかする。」

 「また、助けるの?」

 「うん? ああ。きっと彼女、取った事で悩んでると思う。」

 「そのgatsby君の無償の優しさは罪だよ?」

 「それが罪なら、オレは幾らでも罪名を被るよ。それにー」

 私はA子に向き直りました。

 「その子達がそれで救われるなら、それがオレの免罪符になるし、ね?」

 「ばか、女たらし!」

 「お褒めにあずかり光栄です、お嬢様?」

 私は少しおどけた後で、A子に礼をいうと教室を出ようとしました。

 その刹那、袖を引かれました。

 「あまり……その、ね?」 

 彼女は袖を掴んだまま、顔を赤くしています。

 「ふふ、ヤキモチですか? お嬢様?」

 「…………悪い?」

 「いえ、結構ですよ。では、行ってきまー」

 その刹那、彼女は私の首に抱きつき、頬にキスをしました。

 「上手くいきますように。それと、変なことしたら許さないんだから、ね?」

 「それは了解しました。でも本当にお嬢様は、おイタが過ぎますよ?」

 「じゃぁ、お仕置きを待ってるね?」

 「もう、お嬢様には勝てないですね。では、行ってきます。」

 私は今度こそオーバーな程に仰々しく礼をつくして、教室を後にしました。

 

 

 

 N美がコンビニのバイトを終えて、店から出てきました。

 「おひさしぶり♬」

 私は彼女を驚かせないように、そっと話しかけました。

 暗がりから出てきた私を見るなり、彼女は硬直しました。

 「N美さん、ちょっとお願いがあるんだけど、いい?」

 「…………私に?」

 警戒する彼女に、私は満面の笑みを作り、頷きました。

  

 

 私と彼女は、コンビニ近くの公園に移動していました。

 「ブランコだ、懐かしい!」

 街灯に照らされる二つ並んだブランコに私は座り、彼女にも勧めました。

 「ふふふ、何年ぶりだろ!」

 私は下を向いて隣のブランコに座っている彼女を横目に、はしゃいでいました。

 「らしくないですよ、gatsbyさん。私に用事があるんでしょ?」

 「うん!」

 私はブランコの速度を落としました。

 「N美さん、最近、学校に来ていないでしょ?」

 「……。」

 「どうして? 誰かとまた上手くいかなくなった?」

 彼女は首を横に振りました。

 以前に受けた相談は、友達と上手くいかなくて学校に行きたくない、という内容でし

た。

 「ほっておいて……。」

 「う~ん、それがね~、ちょっとね~。」

 「gatsby君には関係ないでしょ? 私が学校に行こうと休もうと。」

 N美は俯いたまま、話しました。

 「そうはいかないんだ。オレは身勝手でね。よっと。」

 私はブランコから飛び降りると、うつむく彼女に目線を合わせるために彼女の前で

しゃがみました。

 「自分の相談者が不幸になるのを見るのが嫌なんだ。それは相手のためじゃない。自

分の無力さを感じるのが嫌なんだ。だから、君には学校に来てもらわないと困る。これ

が、オレのお願い。」

 「自分勝手だよ。」

 「そう。元々、人間なんて自分勝手にできている。好きな人ができれば振り向いてほ

しいし、傍にいれないのならその人の物でも欲しくなる、だから人生は退屈しない。本

当にそう思うよ。」

 彼女は一瞬、顔を上げました。目には涙を貯めていました。

 「あたしの事なんて……ほっておいて……よ。お願い……お願いだから。」

 「ダメだ!」

 私は彼女の両腕を両手で掴みました。彼女は驚き、泣き顔のまま顔を上げました。

 そして私はおもむろに立ち上がり、片手で自分の顔を覆い、それからゆっくりその手

外しました。

 「おお、N美。私の顔は思いのほか醜いだろ。この禍々しき怪物は地獄の業火に焼か

れながらも天国へ憧れるー」

 私は大きな身振りを返しながら、セリフを言い切りました。

 「……オペラ座の怪人。」

 

 ↓ ファントムってこんな感じです。私が演じたのは、ファントムが誘拐した子に仮

面をとって素顔を見せるシーンです。

 

 「流石、読書家のN美さん! わかっていらっしゃる!」 

 私は伊達メガネを指で押し上げ、言葉を続けました。 

 「オレは所詮、誰からも嫌われているファントムなんです。君が悲しむ事はない。」 

 「嫌われてるなんてー」 

 「だったら、それを証明してほしい。」

 立ち上がった彼女の前で私は片膝をついて彼女の手を取りました。 

 「お嬢様、約束してください。ちゃんと学校にくるって。」 

 彼女は一瞬驚き、涙顔でクスクス笑い始めました。 

 「ふふ、もう! gatsby君ぐらいだよ平気でこんな事をするの。」 

 「おかげ様で、男子からは嫌われ、敵も多くて困ります?」 

 私は立ち上がると、一緒に笑いました。 

 そして彼女は再び口を開きかけると、同時に瞳から一粒の涙がこぼれ落ちました。 

 「うう……ごめん……なさ……い。」 

 私は泣き始めた彼女の髪をゆっくりと撫でました。 

 静かな夜、静かな公園。静寂がすべてでした。 

 彼女は私に話してくれました。相談をしているうちに私を好きになっていった事。だ

けどライバルが多すぎて、自分じゃ無理だと知った事。たまたま遊びに私の部屋に来

た時に、見た写真がどうしても欲しくて取ってしまった事。毎日罪悪感に襲われ、どう

していいか分からずに、家に閉じこもっていた事。

 私はただ黙って彼女の告白を聞いていました。

 「そっか、辛かったね。」 

 「…………ごめん……なさい。」 

 「もういいよ。そのかわりー」 

 私は彼女の頭をポンポンしてから、顎を指で持ち上げました。 

 「明日からはちゃんと学校にくるんですよ、お嬢様?」

 彼女は私に抱き着くと、泣きながら頷きました……。 

 

        

 

 後日、無事に写真も返却され、彼女もいつも通りに学校に登校するようになりまし

た。そして、この件は解決できました。

 まぁ、でもその後にまた 

 写真は盗まれるんですけどね!! ( ゚Д゚) 

 次回、  

   gatsby黒歴史、まだまだ続きます。    

    お楽しみに!! 

  

   

   応援ぽちボタン ドラマ 

お兄ちゃんは何? ちゃんと言って! 幼馴染や彼女より妹を好きとか? 押してよ!   ↓ ↓ ↓

   にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ            

               今日の一冊 

 今日のおすすめは、映画やドラマにもなった漫画です。何となく大学時代の自分の事

のようで面白かったです。突然、モテ始める人生に主人公はどう翻弄されていくか読み

ごたえがあります。            

           あらすじ

 三十路間近のモテない草食系バカ男の派遣社員・藤本幸世は、ある日突然知り合いの女の子から次々と連絡が入り、いわゆる「モテ期」が始まる。これまでモテ期の来なかった藤本は、焦りながらも女の子とコンサートに行ったり水族館に行ったりと、無我夢中でデートやイベントをこなしていくが……。 

モテキ(1) (イブニングコミックス)

モテキ(1) (イブニングコミックス)