読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

不幸王子gatsbyさん、黒歴史を語る。 ⑭  A子の可愛い宣戦布告??  

  こんにちは、gatsbyです!! (>_<)

 

 今日はクリスマスです。イベント的には山を越えた感は否めませんが、皆様の元には

素敵なサンタさんが訪れたでしょうか? 北海道は雪が降り、ホワイトクリスマスで素

敵でした。ちょっと雪が降りすぎましたけど……。(>_<)

 

 可愛いサンタの絵を探していたら、A子に似ているサンタを見つけました。顔や仕草

がA子っぽいです。サンタ姿は見たことないですが……。

  高嶺愛花

 

 

 ↓ 前回の復習ですよ?

 

www.gatsby.website

 

 顔、顔、近い!!!!!! (+_+)

 「唇……触れちゃいそうだね?」

 彼女の瞳が、彼女の唇が、彼女のフェロモンが、私を完全包囲です……。

 これ以上、彼女に主導権を取られるわけにはいきません!! (>_<)

 私はゆっくりと彼女の唇に人差し指を這わせました。

 「困ったお嬢様ですね? あの夜の続きをここでするつもりですか?」

 その瞬間、彼女の体温が、彼女の顔が熱くなっていくのがわかりました。

    いつもながらわかりやすい責められ体質です。

 そして、私は彼女の瞳から視線を外さずに笑みを返しました。

 A子の顔は徐々に真っ赤になっていました。きっと瞬間的に、あの夜の事を思い出し

たんでしょう。

 「あ、いや、うん、あれ?……へへ、もう……恥ずかしいよぉ。」 (=^・^=)

 困った照れ笑いをしながら、顔の前で何度も恥ずかしそうに両手を交差させる彼女

は、

 可愛すぎる美少女子猫さんです。(=^・^=)

 このまま、gatsby君、反撃に出ます。(>_<)

 「ふふ、素直でいい子ですね? さぁ、情報を教えてください、お嬢様?」

 「あ、うん……。」

 私はそう言うと、彼女の頭をポンポンしながら席を立ちました。

 彼女もちょっと躊躇ってから、続いて席を立ちました。

 「その前にー」

 A子は小さな声を発しました。

 「その……あの夜に、相談した……事。」

 途切れ途切れに言葉を選び、何度も視線を外しながら、彼女はつぶやくように私に問

いかけました。

 やはりこの質問がきました。私は心の中でため息をつき、いつものように決まった

セリフを吐きました。

 「ごめん。酔っててあんまり覚えてないんだけど、でもA子の事は大切な友達だ

よ?」

 「友達?」

 「そう。仲良しさんでしょ?」

 彼女は一瞬、驚いた表情をしたかと思うと涙目になっていきました。

 「S……S子さんと……S子さんが好きだから? 私じゃダメなの?」

 今度は私が驚きました。

 なんで、S子?? (゜o゜)

 「S子とは付き合っていないよ? ただの友達だし。」

 うそ!! 知っているんだから!! (>_<)

 A子さん、突然の反撃です!! (>_<)

 「gatsby君はS子さんだけには普通に接しているもん。皆、gatsby君はS子の彼氏

だってー」

 「ねぇ、A子。」

 私は悪いと思いながらも、必死な彼女がとても可愛らしく思えました。

 「S子とも他の誰ともオレは付き合っていない。ごめん、その予定もないよ。」

 「私は……。」

 「でもA子とは結構、仲良しさんだと思っているよ? だって、あの夜の事は二人

だけの秘密でしょ?」

 私は自分の唇に人差し指を立てて、おどけて笑って見せた。

 だけど、

 ちょっと、ツライ……。(+_+)

 彼女のまっすぐさが心に刺さります。

  「うん、そうだよね? 二人だけの秘密だもんね、へへ。」

 A子は首を傾げ、涙を指で拭い笑いました。

 私はたまらず俯いてしまいました。

 その刹那、彼女が正面からー

 ハグです♡ 

 そして、

 好き……好きだよ、gatsby。(=^・^=)

  あ~もう! ダメだって!! (T_T)

 この子は本当に、感情のままアタックしてきます。こちらの理性も砕け飛びそうで

す。

 「…………ごめん。」

   「知ってる……そんなのもう、知ってるもん。」

 「そっか。」

 「でも、好きなんだもん。」

 「うん、わかってる。」

 私は抱きしめたい衝動を抑え込むのがやっとでした。

 その刹那、私の胸に顔をうずめていた彼女は、私の首に再び腕を回したかと思うと、

突然、

 キスをしてきました!!! \(゜ロ\)(/ロ゜)/

 私は何が起こったのか理解ができず、彼女にされるがままでした。

 それは柔らかい唇の感覚と絡み合う舌の感覚は、初めての世界でした…………。

 

 どのくらいたったのか、わからないほどの長いキスを終えてゆっくりと唇を離す

と、彼女は鼻が触れ合う距離で言いました。

 「…………あきらめないから。」

 照れ屋なA子が視線を外さずに、私を見つめています。

 まさかの彼女からの

 可愛い宣戦布告でした。\(◎o◎)/!

 

 次回、

     gatsby黒歴史、写真泥棒の犯人は!?

    

 応援ぽちボタン ドラマ 

  な、泣くなよ! 妹、お兄ちゃんは………………………………………押してくれ。

   ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

              今日の一冊

 この漫画は、色々な事情で30近くなっても童貞なままの男達が織りなす物語です。

その彼らの思いは過去の女性へだったり、務めている会社の社長だったり。その人間模

様も面白いです。もしかしたら皆様の周りにもいるかもしれないタイプのお話です。

 私も正月には読み切りたい! そう思えた漫画でした。

 

それでも僕らはヤってない 1巻 (芳文社コミックス)

それでも僕らはヤってない 1巻 (芳文社コミックス)