読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

クリスマスイヴイヴ、gatsbyに可愛いコスプレサンタが微笑むのは、間違っているのだろうか?                『陽だまりのレストラン〜Trattoria Acquerello〜』

間違っているのだろうか シリーズ

 こんにちは、gatsbyです!! (^_-)-☆

 

 札幌にお泊り出張から昨日、帰宅しました。留守の間も読者の皆様がいっぱい来てい

ただいたみたいで、

 感謝、感謝です!! (*'▽')

    そして多くのブクマやコメント、応援ドラマへのポチボタンを押していただき、うれ

しかったです。(#^.^#) ありがとうございました。<m(__)m>

  その札幌への出張に関して、本題に入る前に、ちょこっとお話。

 私はいつもの定宿、札幌駅近くのモントレ札幌に泊まったのですが、

 【モントレ遅割ナイトステイ】21時以降のチェックインでお得に宿泊♪

  夕方に私はホテルにチェックインしました。

 「チェックイン、お願いします。」

 「はい、かしこまりました。」

 私はアンティークなフロントでぼんやり待っていました。

 「部屋のほうですが、シングルのほうが満室のためツインでも構わないですか?」

 「ええ、構わないですよ。」

 フロントマンはパソコンのキーをたたきながら、また首をかしげました。

 そしてルームカードを私に差し出しながら、説明を付け加えました。

 「ツインなんですが、デラックスツインしか空きがなく、そちらになります。」

 手違いにより、部屋の広さがシングルだったはずが、通常ツインになり、そしてそれ

がDXツインに部屋が変更になり、まさにわらしべ長者的な流れで、

 

 デラックスツイン

  

 この部屋に一人です。(*'▽')

 ああ、何という事でしょう!! これだけ素敵な部屋で40代のおっさんがひとりっ

て……。(-_-;) ああ、色んな意味であまり眠れませんでした。( ;∀;)

  

 

 

 さて、話を本題に。

 やっと、クリスマスも近づいてきました。北海道では雪が降り、空気も冷たくて恋人

同士なら、

 手、冷たいよ? あ、なんだか恥ずかしいね? (#^.^#)

 なんて言いながら、イチャコラする季節です。

 あー、ごめんなさい、ひがみです、ひがんでます、ひがみました、はい。 (T_T)

 ひがみの三段活用を使うには理由があります。

 言わせてください! (>_<)

 それは嫁が忙しすぎて機嫌が悪く、

 ハグをしてくれません。(T_T)

 もう心の充電ゲージがゼロで割れそうです……。

 もう、

 ゲス不倫してやるー、これでもちょっとはモテるんだぞー、二十代の子に何処か行き

ませんかって誘われているんだぞー、もう知らないんだから!……ばか。ぐすん。 

( ;∀;)

 そんな悲しみの中、一通のメールが受信ボックスの入ってきました。

 何とはなしにそれをひらくと、何度か絵画を購入した事のある画廊からでした。

 内容は、以前希望していた絵画が売りに出たとの事でした。

 一瞬でgatsbyさん、

 超ご機嫌です!! (#^.^#)

 単純です、ホント……。(-_-;)

 その絵画は、笹倉鉄平さんの作品でした。

 

 ↓ 笹倉鉄平さんの絵画の記事です。

 

www.gatsby.website

 

 

 

 その作品は私が笹倉鉄平さんの世界に触れた最初の作品でした。額に入ったポスター

でしたがとても構図が良く、見惚れたのをよく覚えています。そして今でもそのポス

ターは部屋に飾ってあるほどです。

 

  その作品名は、

 

  『陽だまりのレストラン〜Trattoria Acquerello〜』

 

 

  私は喜んだ半面、機嫌の悪い嫁には言い出せない現実に突き当たりました。

  サンタさん来ないかなぁ。(´▽`*)

  もう現実逃避です。どうせ妄想なら、こんなサンタが良いです!

      ラブプラスでも始めようかなぁ……。

 

 

 

 

 

 

 

  私はため息をつきました。

  その時、

 「どうしたの、パパ?」

 嫁が階段を下りて事務所にやってきました。

 「うん?……えーと、パパにもサンタさんは来ないのかなぁって思ってさ。」

 「パパは頑張っているからきっと来るんじゃない?」

 書類を机の上に置きながら、嫁は私に視線だけ向けて話しました。内容的にはデレな

はずが、嫁は淡々と話すツンでした。

 「本当にそう思っている?」

 「うん。思ってる。」

 手を動かしながら嫁は私の問いに、顔も上げずに答えました。

 そっかぁ。(´▽`*)

 私はどうしたことか、嫁のそのツンが照れているのだと勘違いして、禁断の呪文を唱

えてしまいます。

 「なら、今年は嫁が可愛いサンタさんのコスプレで僕にプレゼントをー」

 はぁ? 何?( ゚Д゚)

 顔を上げた嫁の表情は冷たく、永久凍土なみに私の表情も凍り付きました。

 ごめんなさい……。(-_-;)

 本題に入る前に撃沈です……。

 読者の皆様、少しは頑張っている旦那様のために優しいサンタさんにコスプレしてあ

げてね? (=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)

 それからの事務所の空気は冷たいものでした。その中、嫁と私は自分の仕事を淡々と

こなしていきました。

 「何か欲しいんでしょ?」

 突然、嫁が顔も上げずに聞いてきたので、反射的に私は答えました。

 君が欲しい♡ (#^.^#)

 はぁ?! ( ゚Д゚)

 二度目の「はぁ!?」いただきました。あざーす! (^◇^)

 しくじりました……。(+_+)

 「そういうのは、要らないから。」

 バッサリ切り捨てられました……。

 「それで本当は何がほしいの?」

 嫁は呆れたようにため息をつき、再び聞いてきました。

 私は嫁に絵画との出会いを説明をして、できれば買いたい旨を伝えました。

 「サンタはできないけど、いいんじゃない? パパはこの一年頑張ったんだし。」

 「ほんと?!」

 私は喜びのあまり、嫁をハグしようとしました。

 それはいいから!!!! ( ゚Д゚)

 嫁、拒否です……。(T_T)

 年末に向けて、嫁は激務なのでしょうがないのですが……。(>_<)

 紆余曲折はありましたが、こうしてgatsbyはクリスマスプレゼントがもらえることに

なりました。たぶん、絵画が来るのはクリスマスを過ぎちゃうけど、どこに飾るか考え

ただけで、わくわくしています。(>_<)

 また後日にでも報告をいれますね~。今日はちょっとご機嫌なgatsbyでした。まる。

            

応援ぽちボタン ドラマ 

 いや、うん、お兄ちゃんも好きだよ? 当たり前だろ、兄妹なんだから! 押すよ?

   ↓ ↓ ↓   

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

             今日のゲーム

 記事にも上げましたが、今日のゲームは「ラブプラス」です。このゲーム、ラブプラ

スシリーズはヒロインがプレイヤーの「彼女(恋人)」になってからの『その後』を主

軸としている点が最大の特徴として挙げられます。

 彼女のいない仲間達には夢のようなラブラブができるゲームです。可愛いヒロインが

あなただけにデレったりツンツンしたりしちゃいます。

 なんていったって基本、

 つきあっているんですから!! (´▽`*)

 皆さんもこのキュンとする感覚を体験してはいかがでしょうか?