読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

三棟目のアパート経営から…………再出発。 ⑦ + ソードアートオンライン アニメ制覇!!

不動産3棟目

 こんにちは、gatsbyです!! (^_-)-☆

  

 やっと、ソードアートオンラインのアニメを制覇しました。

 二期目からは登場人物も増え、話を詰め込み過ぎ感がありましたが、楽しく見れまし

た。小説の方も読んで見ようかなと思います。

 あ~時間が欲しい!! (-_-;)

 他のブロガーがすすめるアニメや漫画、小説もメモにいっぱい書いてあるのですが、

消化しきれない……。(T_T)

 引きこもり社長のなろうかなぁ……。(*'▽')

 

 ↓ ソードアートオンラインです。

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)

 

 

ソードアート・オンライン ミュージックコレクション (初回生産限定盤)
 

 

 

 ここから始める不動産黒歴史です。

 

 私のアパート探しはゼロから出直しでした。再び、インターネットで物件を探し、資

料を取り寄せ、検討し、週末に現場を確認する。現地を歩き回り、空室を確認しながら

周りの施設も地図と照らし合わせて間違いないか自分の目で見て歩きました。

 そして、銀行さんとの関係も修復に向け、動きました。いや、銀行が動いたといった

ほうが正しいのかもしれません。

 「新しく担当になったAです。」

 ある日、事務所で仕事をしていると、一人のバンカーがやってきました。彼の話で

は、丁度、その時期にうちの担当者と支店長が転勤が決まって、内部も一新されたとの

事でした。

  「こちらこそ、よろしくお願いします。」

 私は新しい担当者と現状の融資姿勢、状況等を再度確認しあう話し合いをしました。

 「前回の物件はご縁がありませんでしたが、融資に関しては前向きに検討していきた

いと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。」

 「こちらこそ、新しい物件を持ち込むんだ時はよろしくお願いします。」

 儀礼的ではありましたが、まずは関係回復の一歩を踏み出せました。

 gatsby、お前は悔しくないのか!!! ( ゚Д゚)

 そう、皆様は思うかもしれません。

 悔しいに決まっています!! (´・ω・`)

 正直、銀行に雨の日に傘を取り上げられ、ずぶ濡れになった冷たさ、悔しさは忘れる

ことなどできません。でも、これで私はまた新たな目標を立てることができました。

 銀行を屈服させる!! ( `ー´)ノ

 そのためなら、今はすべてを水に流し、自分を捨てなければなりません。

 いつか、いつかこの借りは、

 倍返しだ!! ( ゚Д゚)

 そう心に決めました。

 

↓ 半沢直樹ばりです!!

「半沢直樹」で経済がわかる! (文春文庫)

「半沢直樹」で経済がわかる! (文春文庫)

 

 

 私は忙しい本業と不動産の狭間で、四苦八苦しながら、三棟目を探し続けました。

 そんな時、新たな運命が動き始めました。

 「gatsby君、いた?」

 「ああ、こんにちは、H島さん。珍しいですね?」

 事務所で書類を整理していた午後、地元の不動産会社の社長さんが笑顔で入ってきま

した。私は彼にコーヒーを出しました。

 「gatsby君、アパートが売りに出たんだけど買わない?」

 彼はコーヒーに一口をつけてから、いきなり話を切り出しました。世間話もせずに単

刀直入で話すのは、彼のせっかちな性格を表していました。

 「単刀直入だね?」

 「いいアパートだよ、壁も直しているし。」

 彼のせっかちさに苦笑いです。

 「部屋は見れるの?」

 「ああ、もちろん! 今から見に行く?」

 「早いなぁ。時間もあるし、行きますか。」

 「そうこなくっちゃ!」

 こうしてアパート概要も値段も知らずに、アパートを見に行くことになりました。

 

 次回、

 

 「アパートしくじり異生活」、三棟目との出会い。

  お楽しみに!! 

  

応援ぽちボタン ドラマ 

 当たり前だろ? 彼女と呼べるのはお前だけだよ。やきもちは可愛いけど、押すよ?

   ↓ ↓ ↓  

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

             今日の本棚

 今日は投資信託の本を揃えてみました。私も銀行さんのお付き合いで投資信託を買っ

ています。株や不動産程儲かりませんが、少額からでもできる所は魅力ですね。NISAみ

たいな制度もありますし。投資への一歩としては、いいのではないでしょうか?