読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

不幸王子gatsbyさん、黒歴史を語る  ⑬           A子再び恋愛エリアに進撃!! 美少女編 

  こんにちは、gatsbyです! (^_-)-☆

 実はA子の話は結構、省略して書いてます。こうして書いているのは、話の流れな

どで、どうしても必要な場面だけをチョイスしているはずなんですが、どうしてか記事

数がこんなに膨れている……。あんまり絡んでいなかった気がしましたが、結構、彼女

とは色々あったんだと実感する今日この頃です。(*'▽')

 本当は別な女の子も話に絡んで出てくるのですが、それまで書いては話が全然進まな

くなってしまうので、登場人物も絞っています。 

 まぁ、黒歴史記事は暇つぶし程度に、気長にお付き合いください。(´▽`*)

 

↓ A子の話はこちらから 

www.gatsby.website

 

 

 今日もここから始めるgatsby黒歴史ですよね?

 

 「ふぅ。」

 私は誰もいない広い教室の一番後ろで缶コーヒーを飲んでいました。

 一限目には使われていない大きな教室は静寂に包まれていました。

 ガチャッ。

 教壇の横にある教室の扉が約束の時間になると、静かに開きました。

 教室に入ってきたA子は一度立ち止まり、照れながら小さく手を振ってきました。

 私が片手を合図のようにあげて答えると、彼女はいつものようにテキストを白いブラ

ウスの胸元に抱え、チェック柄のプリーツスカートを揺らしながら、ゆっくりと教室後

方の私の所に近づいてきました。

 「待たせ……ちゃった?」

 彼女は目を合わせない私の顔を覗き込み込んできた。下ろした髪から覗く顔は、少し

ばかり頬が赤く、ハニカんでいるように見えた。

 「いや……別に。」

 私はそっけなく答えました。らしくありませんでした。

 というのも、あの夜の事が頭をかすめ、二人きりだと、

 目を合わせられない……。(>_<)

 どうやら伊達メガネの性能が、A子のまっすぐな想いにメルトダウン寸前みたいでし

た。

 「隣、いい?」

 「ああ。」

 彼女のために私は席を空け、A子は私の隣に座りました。

 「……。」

 「……。」

 私も彼女も言葉を発しませんでした。自分の鼓動が、呼吸が、彼女に聞こえるんじゃ

ないかと不安になりー

 自分のばかぁ!! ( ;∀;)

 何のために伊達メガネをかけ、膨大な小説を読み、セリフを覚え努力してきたん

だ!! 

 なに、普通に照れてんだよ!! ( ゚Д゚) 

 私は缶コーヒーに軽く口を付け、伊達メガネの性能を回復するために指で押し上げ、

彼女に向き直った。

 「ところで、相談にのった見返り、教えてもらえるかな?」

 私はいつものgatsbyにシステム移行をして、体制を整えた。

 皆さんはA子の可愛さに誤魔化されていますが、基本、gatsbyは写真一式の泥棒さん

の情報を頂くためにA子に近づいたことを思い出してください。

  ↓ こちらを読んでね?

www.gatsby.website

 

 

 「やっと目をを合わせてくれたね。」

 彼女は嬉しそうに、今にも泣きそうな潤んだ目で私を見つめています。

 もう、勘弁してください……。( ;∀;)

 この天然具合のアニメキャラに私も再びバグを起こしそうです。なぜ、彼女が男達に

モテるのか、本当の意味で私は理解しました。

 「そんな顔をしても、オレはー」

 「良かった……治ったんだね? 心配したんだよ?」

 A子は私の言葉を遮りました。

 その刹那ー

 満面の笑みでハグです。 (=^・^=)

 ああ、彼女の甘い香りが!! この子は本当にハグをし過ぎです……。(-_-;)

 「ちょ、ちょ、A子!」

 「離さないんだから♡ もう、逃げないでね?」

 A子は耳元で甘えるようにささやきました。

 彼女はいつから狩猟的肉食女子に進化したのでしょう? ( ゚Д゚)

 「A子、話す時は目を見ないとダメだろ?」

 「あ、ごめん。つい、嬉しすぎて……。」

 彼女は私の首に回した腕を少しだけ緩めると、顔を赤らめて、息のかかる距離で見つ

めてきます。

 顔、顔、近い!!!!!! (+_+)

 「唇……触れちゃいそうだね?」

 彼女の瞳が、彼女の唇が、彼女のフェロモンが、私を完全包囲です……。

 あーあーあー、オレにどうしろと!!!! (*'▽')

 これは何のデジャヴ?

 

 次回、

    gatsby黒歴史、エピローグのはずが……。

    お楽しみ!!

    

 応援ぽちボタン ドラマ 

 な、何!? お兄ちゃん、どういう事!? 意味わかんない! ちゃんと押してよ! 

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

 子供を床屋に連れて行った時、懐かしい漫画を見つけました。社会人の時の女友達が

読んでいたのを思い出しました。以前、ドラマ化もしましたよね?

 作品ストーリー

東雲メイは四国香川県の田舎で暮らす、ごく普通の中学2年生だったが、交通事故により讃岐うどん屋だった両親を亡くす。両親の葬式の日、本家から迎えに来た執事の柴田理人から、父親が実は大富豪「本郷家」の長男にして本郷グループ全社の後継者であること、父親の死により自分が正式な後継者であることを知る。一夜にしてお嬢様となったメイは周囲と自身の身の安全のため、また淑女教育を受けるべく、聖ルチア女学園に入学する。

聖ルチア女学園は、1人の女子生徒につき1人の執事が付くという、究極のお嬢様学校。全寮制で、手持ちのルチアの個数により「太陽(ソーレ)寮」、「月(ルナ)寮」、「星(ステラ)寮」、「陰(オンブラ)寮」に分かれる。そこでメイは、自らの運命と恋に向き合っていくことになる。

 

 メイちゃんの執事です。(*'▽')

メイちゃんの執事 DVD-BOX

メイちゃんの執事 DVD-BOX

 
メイちゃんの執事DX 1 (マーガレットコミックス)