読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

不幸王子gatsbyさん、黒歴史を語る  ⑪ 再びA子降臨!!  美少女編

黒歴史

 こんにちは、gatsbyです!

   もうすぐ師走になりますね~、皆さんはいかかお過ごしでしょうか?

 私は早めの忘年会で、今日から一泊で札幌に行ってきます。好きなホテルも予約が取

れたし、超ご機嫌です。(*'▽')

 久しぶりにgatsby

 羽を伸ばせます!!!!!! (#^^#)

 今から何をしようか、ドキドキワクワクしちゃってます!!

 と、いうわけでコメント等のお返事はちょっと遅れちゃいますが、許してください。

帰宅したらお返事しますね!! (=^・^=)(=^・^=)(=^・^=)

   

  ↓ 前回からのあらすじにゃん♡

www.gatsby.website

 

 

www.gatsby.website

 

 

www.gatsby.website

 

 

 今日もここから始めるgatsby黒歴史ですね?

 

 何してるの?

 声のする方向に視線を向けると、そこには私達を凝視するワンピース姿のA子が立っ

ていました。

 そして、おもむろにA子はテーブルに近づいてきました。

 それから彼女は、授業で使うであろうテキストを胸元に抱え、私の横に立ちました。

 「どうやら、キャストがそろいましたね?」

 私は座ったまま、F田に語り掛け、そして彼女に視線を移しました。

 A子はテキストを握りしめたまま唇を噛み、涙目でした。

 ギュッ。 ( ゚Д゚)

 A子が私の無傷な頬をつまみます。

 「ばか…………何処に行ってたのよぉ、心配したんだから。」

 「すみません、お嬢様。ちょっと留守にしておりまして。」

 「また、ふざけて、え!?  どうしたのその顔の傷?!」

 彼女は振り向いた私の顔の傷を見て、驚きの表情を見せました。

 そして、私の目の前に陣取るF田グループに視線を飛ばしました。

 「gatsby君に何をしたの、F田君!?」

 「いや、俺たちはー」

 私のgatsby君に何をしたの!!

 A子お嬢様、レア物の激おこ状態です。(-_-;)

 いつの間にかgatsby君の所有権は彼女に譲渡されていたみたいですが……。

 普段、物静かな彼女の声が静かな食堂に響き渡ります。普段と違うA子にF田とイケ

メンズは圧倒され、言葉を失っていました。

 何となく彼らが、主人に怒られている子犬みたいで、私は笑いだしそうになりまし

た。

 しょうがないので、不本意ながら助け舟を出す事にしました。

 「A子、この傷は拾った子猫につけられたんだよ? 彼らじゃない。」

 「子猫? 猫がつけるような傷じゃないでしょ!?」

 「ちょっと、おてんばな子猫でね。」

 「ちょっと、待てー」

 S子が話に参戦してきました。

 「gatsby君、私にはさっき、転んだって言ってたよね?」

 「うん、転んだよ? いや、押し倒されたといった方が正しいかも?」

 「!!!」

 それは、どこの子猫なのよ! gatsby君!!

 二人同時にハーモニーです。(^_-)-☆

 「ふふ、さぁ、どうだったかな?」

 私は笑ってごまかすと重い体を持ち上げ、立ち上がろうとしました。

 しかし、まだ回復しきれていない体は体制を崩し、倒れかけてしまいました。

 「だから、熱があるからダメだって言ってるのに!! 帰ろう? 送って行くか

ら。」

 倒れかけの私の腕をS子が掴み、何とか転倒は免れました。

 あ、ちなみにラッキースケベは発生してませんよ? (=^・^=)

 その刹那、逆の腕をA子が掴みました。

 「S子さん、大丈夫、私が連れていくから。今夜はいつものように家で過ごそう?」

 「いつもって!! どんだけ女子を囲っているんだよ、君は!!」

 A子のセリフにS子もヒートアップです……。

 でも、朦朧としていた私は、

 ああ、本当にこんな会話あるんだ。 (*_*)

 そう思いながら、両腕を掴まれたgatsbyは果報者でした。(*'▽')

 それでもこの状況を乗り切らなければなりません。

 「いや、悪い。今日は一人で帰るわ。」

 無理だって!! 

 またシンクロです。(^_-)-☆

 「F田、悪い。そういう事だから、さ。チャオ♡」

 「!!!」

 私は二人に支えられながら食堂を後にしました。

 今でも彼らの悔しそうな顔を忘れません。中々、イケメンの悔しそうな顔など拝めま

せんから。(^_-)-☆

 

 

 二人に抱えられるように食堂を出た私は、そっと彼女達の支えから離れました。

 「ありがとう、ここでいいよ。」

 何か言いかけた二人に、私は自分の口に人差し指を立てました。 

 そしてワザと小声で、二人に話しかけました。

「S子、ありがとうな。今週のどこかでこの借りは返すから。A子は明日、聞きたい事

があるから、また連絡するよ。すまない、今日はちょっと疲れていて、さ。一人にして

くれないか?」

 私の言葉に二人は、半分納得をしていないようでしたが、私の提案に折れてくれまし

た。実はもう立つのもやっとで、彼女達とやりあう元気などもう残ってはいませんでし

た。

 二人と別れ、私はゆっくりと歩きだしました。

 「ああ、もう!」

 融通の利かない体に苛立ちながら、私は授業を諦め、家路に向かいました。

 その先で待つ混沌とした憎しみの群れの存在など知らずに……。

 

  次回、

    gatsby黒歴史……突如の襲撃、拉致!!

    お楽しみに!!

 

彼女だもん、追いかけるよね、やっぱり……お兄ちゃん、私にも押してほしいよ……。

 ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 ↓ いい音楽を聴いて、またそっとプレゼントしようかなぁ。(´▽`*)

カフェで流れるジャズピアノ BEST 20 ピアノで彩る至福のクリスマスソング

カフェで流れるジャズピアノ BEST 20 ピアノで彩る至福のクリスマスソング