読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

不幸王子gatsbyさん、黒歴史を語る  ⑨  逆恨みの刃!!  美少女編

黒歴史

 こんにちは、gatsbyです! (*'▽')

 いつもブクマ、コメント、ポチボタンを押していただき、ありがとうございます。

 <m(__)m> <m(__)m> <m(__)m>

 ご無沙汰していた黒歴史は、少しずつ更新できればと思っています。

 時間のある方はお付き合いくださいね♡

 

 ↓ あなたに贈る、前回のお話にゃん♡ …………みてね? (=^・^=)

www.gatsby.website

 

 ここから始まるgatsby黒歴史、行きます!

 

 次の日から数日、私は熱を出し寝込んでいました。

 あの夜の緊張感とお酒で、体調を崩していました。何度も部屋の扉は叩かれ、電話も

なっていましたが、私は出る事はありませんでした。他人に弱っている所を見られるの

が耐えられなかった、ただそれだけの意地でした。

 頭が重い……。 (-_-メ)

 いつまでも授業もサボれず、何とか大学にご出勤です。これでもgatsbyは授業だけは

真面目に出ている方でした。基本、大学までの通学は20分程度で着く距離でした。更

に森林がある公園を横切ると5分短縮も可能でした。(*'▽')

 私が痛む頭を抱え、公園の木製階段を上っていた時でした。

 「よお、gatsbyじゃん!! いいとこであったよ。」

 前方でした声に私は重い頭を上げて視線を飛ばしました。

 男が三人、こちらを見ていました。

 いや、

 睨んでいました。(-_-;)

 彼らの顔は見覚えがありました。確か、お呼ばれしたパーティーでも顔を合わせてい

たぐらいの記憶でしたが……。

 その男の一人が私の目の前に立ちふさがりました。

 「お前、A子に手を出しているらしいな!?」

 あー、そういう事。(-_-;)

 私は思い出しました。この中の背の高い男がA子にゾッコンだった事を。

 「いつもの噂だろ? 勘弁してくれ。」

 私はため息をつき、男達を通り抜けようとしました。

 ふざけるな!! ( `ー´)ノ

 いきないでした。彼の後ろにいた背の小さな男が私を突き飛ばしました。

 私はいつもなら難なくかわせる程度でしたが、いかんせん体が動かず、階段落ちで

す。

 また階段からの転落って……。 (T_T)

 まるで「蒲田行進曲」のヤス並みに階段から落ちまくりです。

↓ 階段を落ちる話はこちら♡

www.gatsby.website

あの頃映画 「蒲田行進曲」 [DVD]

あの頃映画 「蒲田行進曲」 [DVD]

 

 

 たいした高さではありませんでしたが、風邪を拗らした体には十分なダメージでした。

 私は突き落とした男に見覚えがありました。地べたから見えたその男は、以前、飲み

会で苦しそうにしていた所を介抱した男でした。

 これだから人間て奴は。 (-_-メ)

 私は心の中で悪態をつきました。

 三人は慌てて階段を下りてくると、ケガのなさそうな私を確認して、安心したのか

再び罵声を上げました。

 「お前みたいな女たらしにA子が相手にするかよ!」

 「お前はサル並みか? この変態! 死ね!」

 「身の程ってものがあるだろ?」

 私はゆっくりと立ち会がると、その瞬間、また押されて地面に顔から激突です。

 いてぇ……。(>_<)

 顔も体も泥だらけです。 (*_*) 瞬間的に、いじめられた嫌な記憶が蘇ります。

 嫌だ……嫌だ…………いやだ!!!!! (>_<)

 混乱する気持ちを抑えながらも、苦しくなっていく胸を右手で鷲掴みにしました。

 今にもあの弱かった時代の闇に飲み込まれそうでした。

 私は咄嗟に、伊達メガネを確認しました。

 その存在は、困惑する弱い自分を静かに、いや激しく蹂躙していきました。

 gatsby君、自分を再起動です!! ( `ー´)ノ

 ( あ、伊達メガネの事は黒歴史⑧話を読んでね♡ )

 「ふう。」

 私は一度大きく深呼吸をして、落ち着きを取り戻すと重い体を持ち上げ、再び立ち上

がりました。

 そして、背の低い男に向かって言いました。

 「ゲロを吐くより、悪態を吐くほうがお似合いだな、おチビちゃん?」

 「うるせー、てめえなんかに何が分かる!!」

 私の言葉で過去を思い出したのか、顔を真っ赤にして突っ込んできた背の低い男を今

度は上手くかわし、伊達メガネを指で直しました。

 「悪いが、お前たちにはA子はムリだよ。鏡を見た事があるのか、まったく。」

 「!!!」

 「うるー」

 私は口を開こうとした男の前にニジり寄り、言葉を遮りました。

 「醜くて腐ったお前たちには、一生かかっても彼女は振り向かない。それとー」

 一度、ワザと言葉を切ってから私は彼を睨み付けました。

 「オレに惚れた女に、何をしようとオレの自由だ。」

 「!!!」

 反撃を予想せずに驚いている彼らをすり抜け、私は大学へ続く道を再び上り始めた。

 しかし、これは厄介事の始まりに過ぎませんでした。

 

 次回、

   gatsby黒歴史、更なる敵襲!!!

    お楽しみに!!

 

↓   あ~あ彼女、行っちゃったよ? 追いかけなくていいのかよ? 好きなら押せよ!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

 

 ↓ お兄ちゃんしりーず…………だけど? (=^・^=)

お兄ちゃん、ガチャ(1) (講談社コミックス別冊フレンド)

お兄ちゃん、ガチャ(1) (講談社コミックス別冊フレンド)

 
お兄ちゃん、のち彼氏。 (少コミフラワーコミックス)

お兄ちゃん、のち彼氏。 (少コミフラワーコミックス)