読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

不動産で成功して数億円の現金を手にした生活 ②       ~鹿と事故を起こしたら、BMWがスポーツカーになった件~

  こんにちは、gatsbyです! (*'▽')

  不動産で成功して私は数億の現金を手に入れました。

 不動産を始めた頃は、成功したら何をするとか色々考えていましたが、結局は何も生

活は変わっていません。本業の仕事を頑張り、その給料で生活し、お小遣いもアップな

しの35000円です。

 元々、物欲が私にも嫁にもあまりないからなのかもしれません。

 私は普通、ユニクロのジーンズとパーカーなスタイルなので腕時計もしません。

 だからなのか、以前年末に現金一千万を口座からおろして持ち帰る時に、心配だなぁ

と冗談を仲の良い銀行員に言ってみたら、

大丈夫! 社長はひったくりにあいませんから、絶対。   

(*'▽') (*'▽') (*'▽')

 満面の笑顔で言われたのを今でも思い出します。 ( ;∀;)

 絶対って……。 (-_-;)

 それはそれで悲しい気がします……。

 煙草もお酒もギャンブルもしなし、「戦場の絆」とお菓子と家族をこよなく愛する

gatsbyに嫁、

 お小遣いのアップ、お願いします!! (*'▽')

 ブログでお願いしちゃいました、てへ♡ (^_-)-☆

 

 ↓ お小遣い上げてくれないなら、また株でしくじっちゃうぞ♡

www.gatsby.website

 ↓ 前回の話はこちら♡

www.gatsby.website

 

 

 ここから始めるgatsby的黄金歴史、続けます。 (*'▽')

 

 後日ー

 「gatsbyさん、修理をするなら軽く百万は越えますね。」

 「そうですよね~。」

 修理工場で私はため息です。フロントは大破してグシャッって感じだし……。(-_-;)

 壊れたフロントを撫でてみました。

 まぁ、考えたって車が治るわけもなし!! (*'▽')

 gatsbyは立ち直りが早い子です。

 私はケセラセラで、陽気に家に帰りつきました。

 「で、どうだった?」

 「うん? ダメだって。百万以上かかるってさ! ね、気にするなよ。」

 お前がいうな!! ( `ー´)ノ

 ちょっと、嫁様ご立腹です。

 「だってしょうがないじゃない? そこで鹿が死んでいたんだもん。愛するgatsby

ケガがなかっただけ良しとしようよ? 」

 だから、お前が言うな!! ( `ー´)ノ

 更に怒りそうな嫁の機嫌を取りながら、今後の対策を話し合いました。

 「で、どうするの? 修理するの?」

 「それはないな。結構いっちゃてるし。買い替え時だったんだよ、きっと。」

 「パパ、車に興味はないよね?」

 「うん。取りあえずパーッと早くて、ブーンと札幌に行ける車ならどんな車でも。」

 「表現が幼児化してますが?」

 「それが何か?」

 ツンデレ風に答えてみると、嫁さんは呆れてため息をつきました。

 「それなら私に任せてくれる?」

 「別に構わないがー」

 約束だよ。('_')

 突然の真顔です。

 「あ、うん。いいよ。」

 「じゃぁ、今週末早速、お義父さんとポルシェのショールームにいって車を決めてき

て。」

 「はい、じゃぁ、え、

 ポルシェ!! (*'▽')

↓ どこかで聞いたフレーズです

www.gatsby.website

 

ポルシェとBMWの世界

ポルシェとBMWの世界

 

 

 「え、え、何で? ちょっと待って、ちょっと待ってお嫁さん?」

 「了解?」

 「いや、意味がー」

 了解? (-_-メ)

 「はい、了解でし。」

 「よかった♡ 約束だよ♡」

 一気に嫁は上機嫌です。

   後で知った事ですが、どうやら私の父が嫁に、死ぬまでにはオープンカーに乗ってみ

たい、と話していたのを嫁は覚えていたみたいでした。

 私の母は、私達が結婚して一年程で亡くなりました。その間、嫁と母の関係は良好

で、親孝行をせずに死んだ母に嫁は悔いが残っていたみたいでした。

 その代わりではないですが、父に親孝行を、と思いついたらしかったのでした。

 だったら、

 温泉ぐらいにしておけよ!! ( ;∀;)

 私の心の叫びです。

 札幌にポルシェを見に行く前日に、嫁に私は聞きました。

 「嫁、ポルシェって幾らするか知ってるの?」

 「ううん、知らない。でもー

 2000万もあれば買えるでしょ? (*'▽')

 笑顔で2000万という嫁が恐ろしくまりました。 

  だって、私の月のお小遣いは35000円から随分とアップもされていないし……。

(T_T)(T_T)(T_T)

 週末ー

 私と父はポルシェのショールームにいました。

 一応展示しているオープンカーを見ましたがどれも排気量が小さく、嫁の条件に合い

ません。

 「いいパパ、壊れたBMWより小さいのはダメよ? お義父さんが乗るんだから恥ず

かしくないレベルの物を選んでね?」

 嫁の条件を要約すると、

・排気量は4000cc以上

・値段は最低1000万以上

・お義父さんが運転できるポルシェ

 でした。

 ポルシェのオープンカーでボクスターはありましたが、電話で事情を説明しただけで

却下です……。(-_-;) 

 「ボクスターじゃダメかい!!」

 「gatsby、オープンカーでなくても……。」

 父のこの言葉で、911カレラに変更です。

ジョーゼン キャストワールドプレミアム ポルシェ911 カレラ

ジョーゼン キャストワールドプレミアム ポルシェ911 カレラ

 

 営業マンと話し、911カレラのオープンカーもある事を聞いた段階で時間は昼にな

り、私と父はランチに行く事にしました。

 「911カレラもいいなぁ。」

 「父さんが気に入ったなら、それにするか。」

 オープンカーにしろ普通のカレラにしろ予算の2000万では収まります。

 その刹那ー

 プルルルッ。 プルルルッ。

 携帯が鳴りました。

 「はい、gatsbyです。」

 「ご無沙汰しています、営業のAです。」

 BMW正規ディーラーからの電話でした。

 「あ、どうもどうも、今回はー」

 札幌でポルシェの正規ディーラーとBMWの正規ディーラーは同じ親会社でした。そ

れで、付き合いのあるBMWから紹介を受けてのポルシェ見学でした。

 「帰りでよいのですが、時間があればうちの方にもよっていただけませんか?」

 「もちろん、よらせていただきますよ。」

 「お待ちしています、gatsbyさん。」

 食事も終わり、ポルシェのショールームに再び寄ってから、BMWショールーム

目指しました。その間に嫁にも連絡して、911カレラのどれかにする話まで煮詰まっ

ていました。

 BMWショールームに着くといつもの営業マンがにこやかにやってきました。

 「ご無沙汰してます、gatsbyさん。」

 「いえいえ、こちらこそ、すいませんね、わがまま言って。」

 形通りのあいさつを済ませて、商談用の席に座りました。

 彼はBMWにも良い車種があると、色々なスポーツタイプを進めてきました。

 しかし、どれもピンとこない物ばかりでした。

 「なら、預かり物で良い物があります。」

 そう言って、私達を屋外に連れ出しました。

 それは中古のオープンカーでした。

 「あー、ダメ。中古は考えてないんだ。」

 私の言葉に、営業マンは説明を始めました。10年落ちだけど数千キロしか走ってい

ないし、排気量も5000ccで条件に合う。その上、なんて言ったって、レアなんで

す、と。

 その説明に父が反応してしまいました。

 ああ、ハマっちゃってる。 (-_-;)

 どこぞの主婦と同じで限定とかレアというセリフに弱い父です……。( ;∀;)

 新車の時も北海道では2台しか新車登録がなく、世界でも台数が少ないレアな車だ

と。その上、ジェームズボンドの映画にも使われた車種だと力説していました。

 「父さん、中古はダメだよ? 嫁に怒られるから。」

 「gatsby、試乗してみていいって! ちょっと乗ってみるから。」

 完全に乗り気です。

 私の言葉など無視して、意気揚々と試乗に出発していきました。

 はぁ。 (-_-;)

 私は、ため息をつきながら嫁に電話しました。

 そして、この状況を説明したとたんー

 言ってる意味が分からないんだけど? (-_-メ)

 嫁さん、

 激おこです。(T_T)

 10年落ちの中古で左ハンドル、そしてマニュアル。

 確かにあり得ない…………かな? ( ;∀;)

 

 ブオンッ!

 激しいエンジン音をあげて父の乗る車が帰ってきました。車体はマツダのロードス

ター並みなのにエンジン音が凄すぎます。そのオープンになった車の車内は赤のレザー

張りで、車体のシルバーと合わせると確かにかっこよかったです。

 車から降りてきた父さんは私のピンチな状況など知らずに満面の笑みです。

 そして、携帯で嫁と話している私に

 gatsby、父さんこれでいいわ!」

 一瞬、私は携帯を落としそうになりました……。 ( ゚Д゚)

 その返事を嫁に伝えて、危険を察知した私は直ぐに父と携帯を変わりました。

 怒る嫁に父は、自分がこの車を気にいって決めた事を一生懸命に説明していました。

 状況から、しぶしぶ嫁が折れたのが理解できました。

 そして、結局はまたBMWです。

 「で、幾ら?」

 1000万です。

 まぁ、中古にしては高いけど、しょうがないー

 それが率直な感想でした。

 私は買う事を伝え、後で振り込む約束をして帰宅しました。

 そして、帰宅した夜、嫁に激しく説教をされたのは言うまでもありません。

 お金を出して、説教までされるって……。

 まぁ、1000万ぐらいで済んだんで私的には良かったのですが……。

 これって、黄金歴史でいいのかなぁ。しくじりの分野な気がしますが。

 まぁ、良い事にしておきましょう!! (*'▽')

 とりあえずgatsby的黄金歴史、でした。 (^_-)-☆

 

 ↓ 車名と全体写真はNGを言い渡されたので、インパネだけ。これでわかればBMマ

ニアです。

f:id:GATSBYtan:20161107212100j:plain

f:id:GATSBYtan:20161106150758j:plain

 

↓ 知らないんだぁ、彼女さん。私とお兄ちゃんのひ・み・つ?だよね~押してみる?

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 ↓ ツンじゃないデレだけのgatsbyに甘々な嫁が欲しい!! あ、チクらないで~( ;∀;)

催眠あぷり 嫁に癒されたい!

催眠あぷり 嫁に癒されたい!