読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

二棟目のアパート経営から……二棟目の融資の行方。     「アパートしくじり異生活」 ⑦

不動産2棟目

 こんにちは、gatsbyです! (^_-)-☆

   やっと銀行編が終わります。不動産投資を進めるにあたって銀行との関係を避けて

は通れません。良い子の皆さんはgatsbyのマネなどしないで仲良くしてくださいね?

それが不動産投資で成功するための近道ですから!

 ↓ ためしに自分でも入ってみたら、ちゃんとポイントいただけました!!

   (*'▽')ふふふ、です。

 今日もここから始める不動産黒歴史、行きますよー! (>_<)

 後日ー

 担当Pが事務所に現れました。

 「この前は大変失礼しました、gatsbyさん。」

 「いや、気にしないでください。」

 粗品を私に手渡しながら営業スマイル満載な担当Pに、席を勧めました。

 前日の攻防が嘘のように、饒舌にお世辞を並べる担当者に、私はサラリーマンの性を

見た気がしました。

 「それで自己資金はどちらから調達されるのでしょうか? どこか違う金融機関から

借り入れされるのでしょうか?」

 「心配いりません。借り入れはしません。あくまで個人資産の取り崩しです。」

 必死に色々と私の資産を聞き出そうとする意図が見え見えな担当Pに、私は淡々と答

えました。何もない30才なら生意気な若造で、お金があれば、凄い30才って、同じ

gatsbyなのに、と子供じみた事を考えてしまいました。

 でも、勝負の舞台にキャスティングされた以上、私も生き残らなければなりません。

 「それで条件ですがー」

 私は攻めに転じました。

 「言われた通り、自己資金3割をいれたので、金利は2%で融資期間を15年でお願

いしたいのですが?」

 「……金利はがんばらせていただきます。でも、融資期間は難しいと思います。」

 彼は表情を少しだけ引き締めて答えました。

 これは予想できました。銀行さんは基本、木造物件に対しての融資期間は、22年を

耐用年数として上限にしている機関が多いです。

 今回、私が買う物件は築10年なので、普通融資期間はMAXで、

 22年ー10年=12年

 となります。ただ、融資期間が少しでも伸びれば、手残りが多くなります。不動産投

資初期には長めな融資期間がほしい所です。ただ、ローンを早く返したい、余剰資金に

余裕があるなどの条件次第では短めの方が良い事もあります。

 「できるだけ、よろしくお願いします。」

 私は担当に頭を下げました。

 不動産投資をする上で、銀行は敵ではなく、パートナーでなくてはなりません。

 都市部でなら銀行のチョイスもできますが、田舎では地銀と信用金庫が一つずつあれ

ばよい方でした。

 攻略後は、和解をするべきだと私は決めていました。彼らが求めるお金と情報を武器

に交渉を有利に進めようと思いました。その後、世間話を挟みながら、これからの不動

産投資の展望や計画を話しつつ、時間は過ぎていきました。

 「では、条件を持ち帰り、検討させていただきます。」

 資金の出所を話さない私に痺れを切らした担当Pは席を立ちました。

 玄関で靴を履く担当Pに私は声をかけました。

 「資金、株の口座から銀行さんの口座に飛ばしておくから。」

 「株、でしたか!」

 担当Pは突然の告白に目を丸くしていました。

 「融資が通りやすいように少し多めに資金移動しておくよ。」

 「あ、ありがとうございます!!」

 彼は今にも泣き出しそうな顔をしていました。

 これで銀行さんとの和解交渉は終了しました。

ゼロからの不動産投資

ゼロからの不動産投資

 

  後日、融資の承諾がおりました。

 金利2% 融資期間12年

 これが初めて自分で銀行と戦って勝ち得た融資条件でした。

 

 次回、

「アパートしくじり異生活」、二棟目のアパート、始動!

 

 ↓お兄ちゃん、赤くなってる!……怒っても怖くないもん♡…えへ、押しちゃうの?

 


にほんブログ村
人気ブログランキングへ