読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

一棟目のアパート経営から…………担当者K、撃破!!     「アパートしくじり異生活」⑳

不動産1棟目

 おはようございます、gatsbyです!! (*'▽')

 いよいよ担当者Kとの激闘編です! 負けないように応援してね!

 せーのー、gatsby君頑張れーー!! (^O^)/

 黄色い声援、ありがとうございます。<m(__)m>

 自作自演ですが、この流れの中でブクマと応援スイッチもお願いしちゃいます!!

   (>_<)てへ♪

 最後まで読んでね♬

 ↓ 担当者の背景のヒントはこちら♬

www.gatsby.website

 今日もここから始める不動産黒歴史、スタートです!! (*'▽')

 

 雨は激しく、闇夜は深くー

 私はハンドルを握り、高速を飛ばしていました。

 キュッキュッ!!

 ワイパーが激しく動作し、視界の先はヘッドライトの光さえ飲み込む暗闇が、先へと

続いていました。まるで私の投資生活みたいでした。抜け出せないトンネルであがき、

走り続けるだけしかできない感覚でした。

 負けるもんか、負けるもんか、負けるもんか!!

 私は呪文のように自分に言い聞かせていました。

 その時、暗がりの先にインターチェンジ出口の緑色の光が見えてきました。

 「ここが出口で再スタートだ!」

 私は弱小大家で、今川を打つ前の信長でした。

いくさの子 1―織田三郎信長伝 (ゼノンコミックス)

いくさの子 1―織田三郎信長伝 (ゼノンコミックス)

 

  信長は、うつけの振りをして敵の目を欺き、奇襲に成功しました。

 あ、忘れていました。

 私は、うつけの振りをしてそのまま、

 うつけになったgatsbyでした!(T_T)

 すまない、読者の方々。しくじりgatsby、ここで切腹してお詫びをー

 ドンッ!ピカ!

 料金所を出た刹那、雷鳴が鳴り、閃光が走りました。まるでそれは戦いのドラのよ

うでした。

 私はそこから更に速度を上げ、車を飛ばしました。アパートに着いたのは夜の9時に

なろうとしていた時刻でした。雨は一層、激しく降り続いていました。

 止めた車から飛び出すように車外に出ると、叩き付ける雨脚から逃れるように、私は

一目散にアパートの空き部屋に駆け込みました。

 「えーと、電気のブレイカーは確かー」

 パチッ。

 真っ暗な室内が一気に明るくなりました。一瞬、明るさに目が眩みました。

 そして目が慣れると、部屋をぐるりと見回しました。

 「ほう。なるほどね。」

 濡れた髪をかき上げながら私はつぶやきました。

 これが私の感想のすべてでした。

 ↓ 私も馬鹿な担当より優秀なセバスチャン(執事)がほしい……(-_-;)

黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)

黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)

 

 翌日ー

 「Kですオーナー、時間がないので改装工事、発注していいですか?」

 朝から着信のあった担当者Kに、こちらからかけ直すと、電話に出るなりこのセリフ

です。

 さぁ、反撃の開始です!!( `ー´)ノ

 放送開始3分で消える雑魚キャラの真の実力を見せつけてやります!!

 「見積もりを見たんだけど、これ全部やるの?」

 「ええ、もちろん!昨日、説明しましたよね?」

 あからさまに担当者Kは苛立っていました。

 「全部、汚れていたんだよね?」

 「ふう。何度も説明しましたよね?全部、ダメなんですよ!」

 声のトーンを上げる彼に、私は静かに反論を開始しました。

 「本当に汚れている部分は玄関横と冷蔵庫の後、そして床の一部だけだよね?」

 「!!!」

 「まぁ、後は天井をやるかどうか悩む所だけどね。」

 彼の動揺は携帯越しでもわかるぐらいでした。

 「それで、どうするって?K君。」

 「えーと、でもですねー」

 どうするって!?

 私は声のトーンを上げました。

 「え、あ、オーナー、部屋を確認されたのですか?」

 「それが何か?」

 担当者Kは驚きを隠せずにいました。まさか、田舎にいる私が奇襲をかけて夜遅く

部屋を見に行くなんて思いもしなかったようでした。

 「いや、オーナーがそれでいいならいいです。」

 はぁ!?何言ってるの?

 私は怒鳴りました。雑魚キャラパワーMAXです!!(*'▽')

 「Kさん、あなたが全部汚れているといったんですよ!! 自分が正しいならそう主

張してくださいよ。私は昨夜、部屋を見ているんですよ!! もう一度、現場で話し合

いますか?」

 「いえ…………結構です。すみませんでした。」

 担当者Kはそれから、長い言い訳を続け始めました。全体的に古さが目立つとか、新

しい方が明るく感じるとか、自分はそう感じたとか……。

 私は黙って聞いていました。

 それで?

 これが彼にとどめを刺した最後の言葉でした。(*'▽')(*'▽')(*'▽') (^_-)-☆

 われ、奇襲に成功しせりー

 完全勝利、撃破です!! ( `ー´)ノ

 

 

 後日、見積もりを作り直して、結局は改装費は5万を切るぐらいで収まりました。

 こうして担当者Kとのファーストバトルに勝利を収めました。

 しかし、この戦いは始まりに過ぎませんでした。

 次回、

 「アパートしくじり異生活」…………担当者Kの逆襲!

↓ はぁ。……義理でも妹だもん。しょうがないよ……ね?グスンッ、押してよ……。 


にほんブログ村
人気ブログランキングへ