読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

不幸王子gatsbyさん、自動販売機を置く ①

自動販売機

  こんにちは!!まだ9月ですが、すでに仕事場の事務所をハロウィーン仕様にして

しまったgatsbyです!!(*'▽')

 今日は、一応、満室を取り戻した後の話から始めます。

 ↓ 今日は不動産自体の話は少ないから、こちらも読んでね♬  

www.gatsby.website

 

 

  アパートが満室に戻り、私はホッと胸を撫で下ろせました。

 しかし、問題が無くなったわけではありません。広告費9万円に改装費等のお金が次

から次へと出ていく事になります。根本的な所は何も解決していない状態でした。

 何か考えなくては……。

 その頃は本業も忙しく、私は心も体も疲れ切っていました。体をソファーに投げ出

し、ぼんやりとテレビの画面を見ていました。

 「場所を確保すれば、手間なしで働く自動販売機!!」

 画面のテロップを見て、私は思わず、体を起こしました。その番組は自動販売機ビジ

ネスを取り上げていました。人通りのある場所を借りて、自動販売機を設置し、売り上

げてマージンをもらう、そんな内容でした。

 「うちのアパートは地下鉄駅の傍だし、人通りもある!!」

 「どうしたの?」

 私の独り言に気づいた嫁が不思議そうな顔をしました。

 やるなら、今でしょ!!(*'▽')

 私は概要を嫁に話、うちのアパートの前に自動販売機を置く事を嫁に話しました。 

 嫁はいつも通り、いいんじゃない? と笑い賛成してくれました。

 この笑顔が私にとって、やる気の原動力です!!(^_-)-☆

 それから数日かけて、インターネットで色々調べました。

 その上で、まずは有名な赤い色をメインにする飲料メーカーに問い合わせました。

 私のアパートの場所を説明し、問い合わせた所、担当者の反応はとてもよく、数日の

うちに回答ができる、と言ってくれました。

 私は、自動販売機ビジネスが進んでいく喜びに、有頂天でした。

 「自動販売機、置けるかも!!」

 嫁に報告すると、彼女も手放しで喜んでくれました。

 そして、数日後ー

 携帯の着信がなり、画面にはメーカーの担当者の名前が表示されました。

 「はい!もしもし!」

 「gatsbyさんの携帯ですか?」

 「は、はい!」

 私、テンパっていました。(*'▽')

 「実は自動販売機の件なんですがー」

 彼の言う話はこうでした。私の物件の近くに、すでに同社の自動販売機が設置されて

おり、私のアパートに置く事は難しい、と。(-_-;)(-_-;)(-_-;)

 ああ、私の気持ちは、

 撃沈です……。(T_T)

 有頂天から絶望へ、真っ逆さまです。(T_T)(T_T)(T_T)

 一応、調べる手間をかけさせたお礼を述べて、携帯を切りました。

 もう、心は引きこもり状態です……。

 心の状態が顔に出やすい私を見て、傍にいた嫁は言いました。

 「メーカーは1社だけじゃないでしょ?それに私は青いメーカーの方が好きだけど、ね?」

 いつもながら、素敵な嫁です。(T_T)

 単純な私はそれから奮起して、青色をメインにする飲料メーカー(おじさんがパイプ

をくわえてるコーヒーの絵)に交渉する事にしました。

 青色の担当者も反応は良く、同じように数日で回答ができる、と答えてきました。

 よし! 今度こそ!!

 私は自分の気持ちに喝を入れました。

 

 それから一週間後ー

 青のメーカーから封書が届きました。中身は設置場所、自動販売機の形状、商品紹

介、飲み物が売れた時のバックマージン等がカラーで印刷されていました。

 やったーーーー!!(^◇^)

   やったーーーー!!(^◇^)

   やったーーーー!!(^◇^)

 歓喜な心の叫びでした。(青のメーカーなので叫びも青にしました)

 すぐに私は担当者と連絡を付け、契約を交わす事を取り付けました。

 そして後日、無事契約も終わり、私のアパートの前に自動販売機が設置されました。

 次回、

 ここから始まる

 「自動販売機しくじり異生活」、始まります!!

 すみません、不動産話は、これが終わり次第、書きます……。<m(__)m>

 ↓ ポチッと…………押してよ、ばか。(ツンデレ風)


にほんブログ村
人気ブログランキングへ