読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

一棟目のアパート経営から・・・・・・・・・しくじります、私。「アパートしくじり異生活」③

不動産1棟目

 連発で台風の接近(-_-;)ムシムシしゅる~~~~|д゚)

 と、言うわけだからではないのですが、初めて買ったアパートのその後、要するに失

敗だらけのドタバタ劇を今日から暴露していきます(/ω\)

 

 事前に契約も終えて、いよいよ、初めての物件引き渡しの決済日。

 やっと、自分もアパートを持つことができる!私は有頂天でした。

 決済場所の信用金庫さんで、売主さん、仲介業者、司法書士の先生と挨拶を交わし、 

席に着きました。それからの流れはスムーズで、売主さんにアパートのお金を振込み、

仲介業者に仲介手数料、司法書士の先生には移転登記費用などを払い、和やかに事は進

みました。

 そしてすべてのやり取りが終了しました。

 朗らかに皆が待つ事、10分・・・・30分・・・・一時間。

 私はまだ不動産の決済は初めてで、皆が何を待っているのか、わかりませんでした。

 「gatsbyさん、すいません。管理会社の担当者と連絡が付きません・・・・。」

 え!?

    仲介業者が管理担当者に何度電話しても出ず、管理会社に電話をした所、すでに退職

していたみたいでした。その上、引き継ぎもせず、夜逃げ同然にやめたと。

 今だからわかりますが、この事自体、さほど珍しいわけではありません。その後、何

度か経験する事になります(-_-;)

 当時の私は、売主さんが使っていた管理会社(家賃を集金してくれたり、アパートの

入居者との連絡役になったり、物件の巡回を有料でしてくれる会社)をそのまま引き継

ぐ予定でした。大体、管理会社の選択など無知な私には頭にも浮かびませんでした。

 「それじゃあ、gatsbyさん、直接管理会社に行って話してください。」

 仲介業者は私にそう言うと、席を立ち帰ろうとしました。

 え!?

 今日二度目の、え!?です。(-_-メ)

 流石の私も絶句です!

 「すいませんが、会社の場所も分からないし、一緒に来てくれませんか?」

 私の言葉に仲介業者は迷惑そうな表情をしました。そこで売主さんが仲介業者に、そ

れはちょっと、と話すとしぶしぶ了承しました。

 あ、ちなみこんな仲介業者はクズです。私の経験上、普通はちゃんと最後まで仕事を

してくれます。言葉が汚くてすいません。訂正します、ゴミです。(^^♪

 結局、仲介業者と二人で管理会社に行く事になりました。

 札幌でも大手の管理会社に着くと、私達はパーテーションでしきられたお客様ブース

に案内されました。

 「ここまでくれば、もう大丈夫でしょ?私、もう帰りますね。」

 管理会社の課長さんが出てくると、仲介業者は席を立って帰っていきました。

 本当にダメダメです・・・・・。

 知識のない私は、一方的な課長さんの説明を受け、管理契約書に判を押しました。

 私は、物件を手にした安堵と不安でため息をつきました。

 そしてここから始まったのです。

 「アパートしくじり異生活」

 

 さて次回の「アパートしくじり異生活」は・・・・(サザエさん風)

 具体的な数字を出していきますので、楽しみにしていてくださいな♪

 ↓ やる気スイッチです、応援してね♬


にほんブログ村
人気ブログランキングへ