読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

不動産の履歴書

不動産

 皆様、こんばんわ、gatsbyです(^_-)

 前回は札幌市の不動産事情を説明させてもらいましたが、今回は自分の簡単な略歴な

ど書いてみようと思います。

 私は不動産投資をはじめて10年ちょっとになります。

 元々、田舎で下請け業者として零細企業を営んでました。以前にも書かせていただき

ましたが、下請けは元請業者から仕事をいただく事が多いのです。その依存から異常な

までの価格の値引きや無理難題を言われることも多々ありました。

 そして、その事に我慢が出来なければ、仕事を切られるのです(+_+)

 それがどんなに理不尽ででもです。

 そんな状況下で、私は結婚し、子供が生まれました。 

 その時、私は思いました。

 もし、このまま理不尽な事が続き、仕事が減っていったら家族はどうなるのだろう?

 何か本業とは違うもので、家族の安心を手に入れられないだろうか?

 そう思い、考えついたのが、不動産を買って家賃収入を得ることでした。それは、私

が大学を出てから地元に帰るまで、不動産会社の営業をした経験からでした。

 「いいんじゃない、パパがそう思うなら。」

 妻の一言で、私は決心しました。

 それから、初めは札幌市内の中古戸建て(地元でも戸建ての賃貸は安定していたか

ら)を買おうと何件も見て回ったりしました。ぐずる生後六か月の娘を抱えた妻と一緒

に、札幌市内を探し回ったのを今でも思い出します。

 その間で、偶然、メイン銀行の支店長がアパートの資料を持ち込んできたのです。

 戸建てしか考えてなかった私は、戸惑い、迷いました。アパートともなると何千万も

ローンを組まないとならないし、払えなくなったら、家族にまで迷惑をかけてしまいま

す。

 そんな時でした。

 「ダメになったら、二人で頑張ればいいでしょ?私も働きにでるし。」

 迷う私の背中を押したのは、またもや妻の言葉でした。

 それが記念すべき一棟目のアパート経営の始まりでした。

 そこからが本当の試練でした。札幌の特殊な不動産業界の常識や税金などの知識がな

いために、四苦八苦しました。当時は今みたくブログや助言をしてくれる人もなく、す

べてが手探り状態でした。銀行にも何度も頭を下げ、融資を頼み、契約寸前で融資を断

られた事もありました。週末、休みの日は札幌のアパートの空室を直す為に、朝4時に

家を出て、帰るのは夜中の1時とかは当たり前でした。それほど必死でした。

 それから妻と二人三脚で、一棟また一棟と増やしていきました。

 その後、最高十数棟まで不動産は増え続けていきました。部屋数も100室を突破し

ていました。

 初めに妻と目標としていた十年目にたどり着いた事で、幾つか売却も経験しました。

 そして私と妻が十年目にたどり着いた先には!!!

↓ 応援してね!!

 
にほんブログ村

 
にほんブログ村

 
人気ブログランキングへp>