読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

私の不動産事情 「アパートしくじり異生活」②

 あーあー、暑くて*1仕事がはかどらないー!!!などと言い訳をして、またまたブログ更新に逃げてきました・・・・。許してください(^_^.)

 さて、続きを。

 支店長は事務所に入ると、おもむろに書類を出してきました。

 「gatsbyさん、アパート経営には興味はありませんか?」

 差し出された書類には、築年数の古い木造アパートの詳細が書かれていました。

 値段は北海道札幌市で一軒家を新築できるほどの値段でした。

 ただ、アパートが建っている場所はとてもよく、地下鉄の目の前で、さらには角地でした。

 「ここの場所なら、将来的に売るにしても建て替えにしても、最高の場所です。」

 支店長は前かがみになり、続けます。

 「将来、御商売に何かあった時にも力になるのではないでしょうか?」

 支店長の言葉に、私は頷きながら書類に目を走らせていました。

 うちの会社は、小さいながら無借金できました。私自身もそうです。明日、どうなるか、わからない自営業だったからです。だからこそ、支店長は色々な思惑ですすめてきました。

 私は迷いました。

 ただ、まだ若かった時代に、不動産業界にいたこともあり、不動産へのアレルギーが少なかったことも良かったのかもしれません。(住宅販売なのでアパート販売は経験ありませんでした。)

 「わかりました。検討してみます。」

 

  そしてその週末、嫁と小さな長女を連れて物件を見学に行きました。

 「ちょっと古いけど、場所は地下鉄の前だし、角地でいいね!」

 夫婦二人で一目ぼれでした。

 そして後日、前記事に書いた借金への大きな葛藤を夫婦で乗り越え、銀行から大きなアパートローンを組んで買うことを決めました。

 こうして私たち十年にもわたる不動産投資生活がはじまりました。

 

 ただ購入後、自分達の不動産に関する無知が次々と襲ってくるドタバタ劇は、またの後日に(^_^.)

↓ 応援してください!


にほんブログ村
人気ブログランキングへ 

*1:+_+