ゼロから始めた不動産投資生活

10年間で数億円を手にするまでの自虐的ドタバタ劇

五棟目のアパート経営から……利回り40%RC、また盗まれる!! 21

 こんにちは、gatsbyです!!

 

 随分と更新期間が長くなってしまいました。

 と、いうのも本業が忙しく、社長と言う名の奴隷制度で懸命に働かざる負えなかった

からです。

 なんだか、もう引退してゆっく暮らしたい欲求にかられるgatsbyです……。(T_T)

 

 ↓ 前回の復習です。 

www.gatsby.website

 

 

 ここから始める不動産黒歴史、です!! (*'▽')

 

 盗まれるにしても早すぎるだろう!!!!!

 私は絶句しました。

 人の物を平気で盗すめる感覚が、それを持ち去る感覚が理解できませんでした。

 それでも頭では理解していました。管理担当者が言うように、その日暮らしでお金も

なく、明日への希望もない生活を送っていれば、そういう事をすることも厭わなくな

るー

 しかし、だからといって……

 許せるかぁ!! このボケェ!!! ( ゚Д゚)

 私はこの低属性の巣窟で叫んでいました。

 「あぁ、あぁ!! もう!!」

 当たり所のない叫びを一人、漏らしながら私はアパートを出ました。

 そして嫁と子供の待つ車に戻りました。

 「パパ、何かあったの? 怖い顔しているよ?」

 運転席に乗りこんだ私の表情が余程、怒っていたのか嫁が心配そうに尋ねてきまし

た。

 「また……盗まれた。」

 「へ!? また!? 今度は何??」

 「今、設置したばかりの玄関マット。」

 驚く嫁をよそに、私は車にキーを差しながら答えました。

 「え、それなら入居者らしき人が自転車のカゴに入れて持って行ったわよ??」

 はぁ!? ( ゚Д゚)

 思わず叫んでしまいました。

 「どんな奴だった!?」

 「えーとね、60ぐらいのおじさん、かな?」

 あの挨拶のしなかったオヤジか!! ( ゚Д゚) 

 私は直感でそう思いました。

 「追いかけるぞ!! とっ捕まえてやる!!」

 私は珍しく怒りで興奮状態になっていました。

 その刹那、私の右肩を後部からポンポンとたたかれ振り向きました。

 うにゅ? (´・ω・`)

 「ひっかかった、ふふ。」

 後部座席に振り返った私の頬に、嫁の人さし指がささりました。

 あっけに取られている私に嫁は言いました。

 「欲しかったらあげればいいじゃない? きっとあの人にはそれが必要だったんだ

よ、きっと。盗まれるのが分かっていておいたパパにも責任があるんだよ?」

 「でも、だってー」

 「いい、パパ。今回の事はいい勉強代だと思いましょう? 彼を捕まえた所で、玄関

マット一枚だよ? きっと彼は否定するし、へんな恨みを買うかもしれないのよ? そ

の方がよっぽどリスキーだよ。それより、もっと前向きに違う方法を考えましょうよ、

ね?」

 「…………ああ。」

 私は支配されていた割り切れない感情を抑え込む事にしました。嫁の言う事は正しい

し、変に恨みを買ってアパートにいやがらせされても困ると思ったからです。

 「さぁ、気分転換に何か美味しいものでも食べに行きましょうよ。素敵なパパは何処

に私達を連れて行ってくれるのかな?」

 落ち込む私に嫁は明るくおねだりをしてきました。

 私は嫁のその気遣いに、少しばかり心を打たれました。そして笑顔を作り、後部座席

に振り向くと、親指を立てました。

 まかせておけ!! (*'▽')

 そう宣言して私は、アパートから車を発進させました。 

 

 

 その後日、玄関マットはリース契約にしました。

 あ、それでも一度、リースマットが盗まれたらしいですが……。

 本当に、

 ゴラァ!! ( ゚Д゚)

 って感じです、はい。(*'▽')

 

 ↓ 記事が面白かったら押して行ってくださいな ♡

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

 

 

 

30代ママ、2カ月で“月収150万円″大家さんになる!

30代ママ、2カ月で“月収150万円″大家さんになる!

 
ふわふわ主婦のインバウンド旋風で儲ける「おもてなし」不動産投資

ふわふわ主婦のインバウンド旋風で儲ける「おもてなし」不動産投資

 

 

 

五棟目のアパート経営から……利回り40%RC、泥棒に追い銭です。(T_T) ⑳

 こんにちは、gatsbyです!!

 

 もう世間ではゴールデンウィークですね~。私の会社は仕事柄、来月の四連休ぐらい

が休みになりそうです。色々とおでかけ計画は立てているのですが、何処に行っても混

雑必死なので、人混み苦手なgatsbyはちょっとブルーだったりします。

 

 

 ↓ 前回の復習。 

www.gatsby.website

 

 

 さて、ここから始める不動産黒歴史、始めるよ~。(*'▽')

 

 丹精込めて飾り付けたアイテムを盗まれた私は、怒りを抑えながらも管理会社に連絡

を取りました。 

 「あ、もしもしHさん、私だけど。」

 「どうもオーナー、朝一で珍しいですね。」

 直ぐに連絡がついた担当者に一連の事情を話すと、一応でも警察に届けを出した方が

良いとの事でした。ただし、物はほぼ売り飛ばされている可能性が高いので戻っては来

ないかも、とも説明をつけてくれました。

 「過去にですが、似たような事件があったんですよ。それは、市の指定業者でもない

のに資源回収する違法業者が共用部の物をかってに持ち去るとかの事件だったんです

が、その可能性もあるかもしれないですね。かれらはトラックなので積み込みも早いで

すし。あと可能性があるとすれば、

 入居者ですかね~。(*'▽')

 はぁ!? ( ゚Д゚)

 私は入居者と言う単語に驚きました。

 「いやいやそれはないだろう!? そんなの直ぐに足が付いちゃうだろう!?」

 「はは、gatsbyさん、低属性を舐めてもらっては困ります。」

 担当者Hは、驚く私に淡々と言い聞かせるように話を続けました。

 「全員とはいいませんが、その一部の人達は、まともに働かず、保護や日雇いで暮ら

している人も多いんですよ。だから目の前に監視カメラもなく金目のものがあれば盗ん

でパチンコ代やお酒のために売りさばくくらい日常茶飯事です。過去にも違うアパート

でそんな事件がありましたが、失うもののない人達ですからバレても警察に突き出せば

いいじゃないか、くらいなもんですよ。」

 「はは、そうなのか。」

 やはり家賃帯が2万円台ともなると、そういう層をお客としてターゲットにしている

わけで、この程度の事件が起こる事は事前に予測しておくべきでした。自分の理想たる

アパートを作る事に夢中になりすぎて落ちた罠でした。

 結局、担当Hとの話し合いで、高価な椅子やベンチなどは置かず、盗まれても良いよ

うな安めの造花などだけにして、装飾のリスタートをする事にしました。

 

  

 

 その次の週末ー

 私は家族と共に再び物件を訪れていました。

 「嫁、ちょっと待ってて。廊下の掃除と盗まれた玄関マットの代わりのマットを設置

してくるから。」

 「うん、わかったよ。子供達と車でまってるから。」

 私はトランクから掃除道具と新しく買った猫の玄関マットをもって物件に入って行き

ました。装飾品は置く事を諦めましたが、玄関マットは廊下に雪や泥を持ち込まないよ

うにするために必要だと思い、再設置することにしました。

 私は四階の共用廊下から掃除するため、階段を昇り始めました。

 「あ、こんにちは。」

 その時、50代か60代くらいの男性とすれ違ったので私は挨拶をしましたが、無視

をされました。今までも何回か廊下掃除に来ていますが、大抵の人は挨拶ぐらいは普通

に返してくれていたので、ちょっと驚きました。

 「挨拶ぐらいしてもいいのに。」

 私は一人愚痴りながら、四階に上り掃除を始めました。長い廊下は店舗用クッション

フロアであり、ワックスも掛けてあるので掃除は案外綺麗にスムーズに進んでいきまし

た。四階が終わり三階に、そして二階、一階と何事もなく進み、階下へとおりていきま

した。

 そして全階層を掃除終わった私は、嫁と子供の待つ車へと向かおうと入り口を出まし

た。

 うん? (*_*)

 その刹那、なにか違和感を感じました。

 私は再び物件の入り口から中に入り、外へと向かって振り向きました。

 「この感覚、

 デジャヴ? (*'▽')

 私は一人、つぶやきました。

 そしてその事実を目の当たりにしたのです。

 掃除を開始する前に設置したはずの猫の玄関マットが、

 すでに盗まれていました!! ( ゚Д゚)

 「おい!!! 盗まれるにしても早すぎるだろう!!!!!」

 私は刹那的に叫んでしまいました。

 この二時間ドラマでもありえないくらい早すぎる展開に、私は神様にクレームをつけ

たくなったほどでした。

  まさにこれは、

 泥棒に追い銭……でした。(T_T)

 

 

次回、

   その犯人、目撃される!!

   お楽しみに!!

 

 ↓  応援してください、にゃん♡

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

不動産投資で人生が熱くなる! ~サラリーマン・OLの将来を豊かにする「3点倒立生活」のススメ~

不動産投資で人生が熱くなる! ~サラリーマン・OLの将来を豊かにする「3点倒立生活」のススメ~

 
貧乏サラリーマンがたった5年で億万長者になる方法

貧乏サラリーマンがたった5年で億万長者になる方法

 

 

五棟目のアパート経営から……利回り40%RC、やはりそこに存在する不幸。 ⑲

 

  こんにちは、gatsbyです!!

 

 昨今、融資情報が色々な方から私にももたらされてきています。

 新規なお客には厳しくなるとか、頭金が今以上に必要になってくるとか。

 融資の門が閉まる前に新築を建てまくる人、条件が悪くても買える物件を抱え込む

人、「終わりの始まり」だと思い売却に走る人。

 投資家、悲喜こもごもですね。

 景気や時代の潮目が何処にあるのか、その時どうすればいいのか?

 本当に投資って、千差万別でね~。

 

 ↓ 前回の復習です。 

 

www.gatsby.website

 

 

 

 さて、今日もここから始める不動産黒歴史、ですよ~。(*'▽')

 

 五棟目の空室募集を開始した週末、私は地方の家から現地に車で向かっていました。

   「申し込みも調子がいいし、このまま満室になっちゃったりするかも!?」

 私は車のハンドルを握りながら一人幸せに浸っていました。

 二時間ほどかけて物件につくと、私は空いてる駐車場に車を止めて入り口を目指しま

した。必死にお金をかき集め、出来る工事をすべて行い、飾り付けも気分MAXで行い

ました。本当に感無量でした。

 私は入り口の戸をあけて中に入りました。

 「うん?」

 瞬間、何か違和感を感じました。

 そして私は入り口横のコインランドリーが設置してある部屋に足を向けました。

 そこで先ほどの違和感が現実的な物になりました。

 「ない………………ない。

 なぁーーーーーーいーーーーー!! ( ゚Д゚)

世界の中心ではないマンションで私は叫んでみました。

 

 ↓ ネタ元はこちら。この話は大好きでした。 

 

世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫

世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫

 
世界の中心で、愛をさけぶ <完全版> DVD-BOX

世界の中心で、愛をさけぶ <完全版> DVD-BOX

 

 

 マジかーーー!! ここでこれか!! ( ゚Д゚)

 ここ大事なので、もう一度叫んでみました。(*'▽')

 あまりにも事が上手くいきすぎて、忘れていました。私gatsbyは不幸王子だという事

実。一時間前に幸せいっぱいで運転していた自分にアンパーーーーンチ!! を食らわ

せてやりたいです。

 「…………ああ。」

 最後は嗚咽を漏らすように力尽きてしまいました。

 今まで飾り付けた、

 

 これも、

 

  

 これも、

 

 

 これも、

 

 

 これもこれも、

 

猫ウェルカムボード G-1139BK

猫ウェルカムボード G-1139BK

 

 

 全部盗まれているーーーーーーー!!!! (T_T)

 私は叩き付けられた現実から逃れるように、再度なくなっている物を確認するため立

ち上がりました。コインランドリー室に飾ってあった椅子に大きな花瓶のドライフラ

ワー、共用部にあったベンチに造花の入った花瓶に猫の置物、可愛い猫のマットにウエ

ルカムボード。

 唯一残っているのは百円ショップで買った小さな造花や小物だけでした。

 それを一つ私は手に取りました。そして呟きました。

 どうせなら、どうせなら…………

 盗むんなら全部持っけーーーーー!!! (-_-メ)

 微妙に残された物の慈愛を叫ばずにはいられないgatsbyでした。

 

 次回、

    更なる不幸に追撃されるgatbsy!!!

    お楽しみに!!!

 

  猫巫女霊夢の画像 プリ画像

    引用先:猫巫女霊夢さん、ありがとうございました。

 

  ↓ 応援してくれる君が大好きです、にゃん♡ (=^・^=) 

  

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング  

 

  

 最近、gatsbyが読んでいるシリーズの新刊だよ♡

 

 

オーバーロード13 聖王国の聖騎士 下

オーバーロード13 聖王国の聖騎士 下

 

 

 

八男って、それはないでしょう! 13 (MFブックス)

八男って、それはないでしょう! 13 (MFブックス)

 

 

五棟目のアパート経営から……利回り40%RC、嬉しい誤算。 ⑱

 こんにちは、gatsbyです!!

 

 最近、「かぼちゃの馬車」とスルガ銀行の関係が多く取沙汰されています。過剰融資

の問題や更なる中古マンションへの不正が明るみに出てきて、金融庁も動かざる負えな

くなりましたね。

 その上、その「かぼちゃの馬車」のオーナーが自殺したとの報告も上がってきていま

す。

 何処までその闇は連鎖していくのでしょうか? 

 本当に上手い話には、気をつけないといけません。

 投資は自己責任。お金があって投資をする時はいっぱい集まってきていた人も、投資

に失敗して泥沼につかり、動けなくなった自分を決して助けてはくれません。

 自分を守るのは自分だけです。

 投資という戦場では派手な英雄は撃たれ死に、臆病な兵士だけが案外、生き残れたり

します。何事も自分の身の丈にあった投資に専念する事をお勧めします。

 

 ↓ 前回の復習です。

 

 

www.gatsby.website

 

 

 

 

 さて、ここから始まる不動産黒歴史、行きますよ~。

 

 すべての工事も終わり、空室の募集をかけ始めた翌日ー

 ブルブルッ。

 仕事中に私の携帯が震えました。

 「はい、もしもし。」

 「あ、オーナー、Hです。」

 携帯の相手は管理会社のHさんでした。いつも落ち着いている感じのHさんが少しば

かり声が上ずっています。

 「何かトラブルがあったの!?」

 この慌てように、私は思わず嫌な予感を抱えてしまいました。

 「いや違うんです。あのですね、あの物件、申し込みが入りました。」

 はぁ!? ( ゚Д゚) 

 管理担当Hさんの話では、まだ保証会社の審査は残っているもののほぼ入居は間違い

ないとの事でした。

 「反応、早すぎじゃない?!」

 「それは工事が完成してからですね、賃貸店舗の営業マンを一度このマンションにつ

れて来て見てもらったんです。今後の募集で埋まるかどうかの確認をしたかったです

し。」

 管理担当者Hさんは嬉しそうに話を続けました。

 「そしたら営業マンたちは工事完成度の高さやオーナーの飾り付けにとても感動して

いました。その上、私が広告費の条件を提示したら皆、本気モードになったみたいで、

はい。オーナーの言う通り、というかgatsbyさんの読みが当たりました。」

 よっしゃぁ!!!(*'▽')

 私は瞬間、ガッツポーズを取りました。

 「他の営業マンからも内見の連絡が来ているので、初期の反応としては出来すぎなく

らいですね。」

 「ふふ、はは、たまにはこんな誤算も良いね。」

 「こんな誤算ならいつでもウエルカムですね!!」

 私と担当者は笑い合いました。いつもトラブル続きな私のアパート生活でも稀な嬉し

い誤算でした。

 「この勢いで続けばいいな!」

 「もちろん、この波に乗ってできるだけ空室を埋めていきましょう!!」

 こうして私は担当者との会話を終えました。

 

 

 それからも吉報は続きました。

 その日の午後にもう一人、入居申し込みがありました。

 そして、その後の一週間で更に5部屋ほど申し込みが入りました。

 状況としては一日おきに部屋の申し込みが続いた感じでした。

 本当に出来すぎなスタートでした。

 しかし、です!!

 人生そんなに甘くありません。特に不幸王子を冠するgatsbyに隙はありません。不幸

の波はそこまで近づいていました。この幸せですら、不幸な出来事の序曲に過ぎない事

を思い知らされます。

 またgatsby、不幸になります!!

 次回、お楽しみに!!

 

 ↓ 応援してくれると嬉しいです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

人生、楽に稼ぎたいなら不動産屋が一番!

人生、楽に稼ぎたいなら不動産屋が一番!

 
世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生

世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生

 

 

 

 

札幌で売却した不動産のその後 2018~gatsby君の春 ②

 こんにちは、gatsbyです!!

 

 今回の記事の内容ですが、たまたま仲介業者から私の売却後の動向を聞いたのが始ま

りでした。案外、色々なブログ等で売却話は多いのですが、その後の話を書く人は少な

く思い、記事にしてみました。すべての売却物件は追跡できませんでしたが、中々興味

深い結果となりました。

 今日も皆さんに楽しんでもらえると嬉しいですね。

 

 ↓ 前回の復習ですよ? 

 

www.gatsby.website

 

 

 今日もここから始める不動産売却話、行きますよ~。

 

 私は仲介業者の話で、札幌不動産市場が過熱していることを再確認しました。

 そこで、gatsbyは考えました。

 他の物件はどうなっているんだろう?

 それは素朴な疑問でした。

 十数棟を売却してきたgatsbyですが、とりあえず仲の良い仲介業者を中心に調査する

事にしました。

 「もしもし、gatsbyだけど。」

 「あ、gatsbyさん! どうしたんですか?」

 私は仲介業者に、趣旨を説明してわかる範囲で良いので、元のうちの物件は元気にし

ているか聞いてみました。

 「それがですね、ちょっと大変な状況な物もありまして…………。」

 「え!? どういう事?」

 仲介業者はとても言いにくそうに話を続けました。

 「実は2年前にgatsbyさんが売却した築古木造物件なんですが、

 首吊り自殺がでまして…………。(-_-;)

 はぁ!? ( ゚Д゚)

 驚く私に、仲介業者は話を続けました。

 「gatsbyさんからその物件を受け継いだオーナーも、同じく低属性の人を入居させた

のですが、仕事の悩みがあったみたいで入居後すぐにー」

 ああ…………。(-_-;)

 私は背筋が寒くなりました。家賃滞納や夜逃ならその時の金銭的被害だけで済みます

が、自殺となると心理的瑕疵物件状態になってしまいます。売るにしても貸すにしても

大きなハンデになります。それよりもそれを保持しているという精神的ダメージはハン

パありません……。(+_+)

 やはり今さらながら、不動産投資のリスクを肌で感じた話でした。

 

↓ 過去の記事にもこんな話が…………。(+_+)

 

www.gatsby.website

 

 

 

 それからも私は物件調査を続けました。

 すると面白い発見がいっぱいありました。外壁や屋根を新しくして生まれ変わってい

る物件があったり、グーグルビューでみると綺麗に解体されていたりする物件もありま

した。

 (結構綺麗に飾りつけして引き渡したので、ちょっと悲しいですが。(T_T))

 そして、何より驚いたのが転売されている物件が思ったより多かった事です。私が売

却してそれを次のオーナーが一年程持って、買った金額で転売されていた物件が3件。

買った金額にさらに金額を乗せて転売されている物件が1件。

 これは決して私が安く売ったから次のオーナーが転売できているのではありません。

 投資には厳しめな私は、ちゃんと売却で大きな利益を得ています。それなのに、それ

をまた転売できてしまうこの不動産市場は恐ろしくバブルです。

 これだけ見ても現状の札幌不動産市場が沸騰しているのがおわかりになりると思いま

す。

 これが本当にバブルなのか、これが通常だと思える世界になるかはもう少し見極めが

必要なのかもしれませんね。

 今日はそんな感じの記事でした。まる。

 

 ↓  押してくれるだけでやる気が出ちゃったりします。(*'▽')

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 
キャッシュフロー 101 (日本語版)

キャッシュフロー 101 (日本語版)

 

 

札幌で売却した不動産のその後 2018~gatsby君の春 ①

 こんにちは、gatsbyです!!

 

 今日の記事は、ちょっと一風変わったお話です。

 私はこの五年間、不動産市場が過熱し始めてから自己所有物件を少しづつ売却してお

りました。

 というのも、やはり市場の不動産価格が異常に高騰し始めて買えるレベルではなく

なってきていましたし、新規参入者が多く目立ち始めていたからでした。本屋でもその

手の本は多くなり、色々なセミナーも盛んに開催されていました。

 以前の記事にも書きましたが、1929年のニューヨーク株式市場の大暴落の直前、アメ

リカの空前の株式ブーム時の話を私はもっともだと感じていたからでした。

 この話は、ウォール街に勤める男が通りで、靴磨きの少年に自分の靴を磨いてもらっ

ていた時でした。

 「旦那、この銘柄は騰がりますぜ!」

 そう会話の中で、少年は彼に助言しました。

 そして、その男は直ぐに自分の持ち株をすべて売却したそうです。

 そのお陰で男は後のアメリカ大恐慌による株の暴落による損失を免れたそうです。

 要は、靴磨きやウェートレスなど一般大衆が相場に熱を上げ始めたらそこが天井だと

いう事です。

 私も現状の札幌不動産市況は、崩壊の危うさを持ち合わせていると感じています。

 熱くなりすぎて、実現不可能な天を目指して作り上げられていった「バベルの塔」を

想像してしまいます。

 

 

 

 それはいつか崩壊し、崩れ去る運命がそこにはある気がしました。

 そう思い、売却した物件ですが、

 その後どうなったか? 

 たまたま最近、仲介業者との会話で、以前売却した物件の話が上がりました。

 「そういえば、gatsbyさんが売却したあの不動産、1000万円ほど乗せて 

 また売りに出されていますよ?

 はぁ!? ( ゚Д゚)

 gatsbyもその言葉にビックリです。その物件は私が売った当時、立地があまり良くな

い築30年オーバーのRCでした。

 以前、私からそれを買ったオーナーさんは、買った同額で一年後転売していたはずで

した。と言う事は、その次のオーナーが更に1000万円を乗せてこの物件を売ってい

るという事なのでしょう。

 「凄すぎだよ!! 築30年オーバーのRCが短期で三回目の転売を目指すなん

て!!」

 「本当に札幌不動産市場は過熱し過ぎですね。もう完全なチキンレースですね。誰か

がババを引いて崖から落ちるまでレースは続くんでしょうね。」

 私は仲介業者の言葉に、ただ頷きました。

 確かに、私が物件を買えていた時代の売れ残っていた築古木造物件でさえ、1000

~2000万乗せて売りに出されていても売却済みになってたりしています。

 仲介業者は言葉を続けました。

 「もうそれは狂喜乱舞、金と言う薬に酔った宴そのものですよ。ただそれが終焉して

目覚めた時には、相当な痛みが待っているでしょうけれど。」

 「はは…………怖いね。」

 私は仲介業者の言葉にゾッとしました。

 

 

 次回、

   売却物件その後の調査結果!!

   お楽しみに!!

 

 ↓ 応援してくれると記事を書く元気になります!!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

心霊物件に住んじゃった (本当にあった笑える話)

心霊物件に住んじゃった (本当にあった笑える話)

 
大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました

大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました

 
微霊感体質まちこ (コミックエッセイ)

微霊感体質まちこ (コミックエッセイ)

 

五棟目のアパート経営から……利回り40%RCを満室にせよ!! ⑰

 こんにちは、gatsbyです!!

 

 私が住む北海道も徐々にですが暖かくなってきました。

 それでちょっと事務所の小物チェンジです。

 

f:id:GATSBYtan:20180405141219j:plain

 

    春らしくお団子を食べながらの花見模様です。

 私の住む地域は例年5月のゴールデンウイーク頃が桜が満開になるので、まだ先なん

ですけどね~。

 

 ↓ 前回の復習です。 

www.gatsby.website

  

 

 

 さて、今日もここから始める不動産黒歴史、行きますね!!

 

 工事の見積もりを即決して、一か月後ー

 「外見はボロだけど、中はオシャレなRCばりの見た目ですね!!」

 「意外にも自画自賛ながら、凄い!!」

 物件入り口で、工事完成の知らせに管理担当者Hさんと私は待ち合わせしていまし

た。

 共用部廊下のクッションフロアは石畳調の明るめの物で、

 

 ↓ 全く同じではないのですが、こんな感じ。

 

 

 ポストはオシャレな縦型、

 

 ↓ 確かこんな感じでした。

 

 

 共用部の壁は黄色系にして、床の石畳とあう明るさにしました。

 

 ↓ これは壁紙ですが、こんな感じの色でした。もうちょっと明るめかな?

 

 

 そして、この四階建てRCマンションには一階にコインランドリー室や廊下自体も広

く余裕があったので、こんなものも飾ってみました。

 

  

 

 

 

 

 ベンチやその上に花瓶の造花を飾りました。コインランドリーには単体の椅子も置い

て、もちろんその上にも造花の花瓶や猫の置物を置きました。

 その他にもポストの上や各階から上に上がる階段の踊り場窓枠などにもちょっとした

小物や造花を配置しました。

 そして、ウエルカムボードとオシャレな玄関マットも一緒に設置しました。 

猫ウェルカムボード G-1139BK

猫ウェルカムボード G-1139BK

 

 

 

 

 なにせ、陰気臭いのは嫌いでしたし、インテリア大好きgatsbyとしては飾るのが楽し

くてしょうがなかったもの事実です。(*'▽')

 まぁ、基本、生花が好きなのですが、毎日は物件に来れないので造花オンリーでしたけど……。(-_-;)

 

 それから担当者と私は改装の終わっている部屋へと赴きました。

 部屋のパターンは結局、4種類、作りました。

 青を基調にした部屋。 

 

  黄色を基調にした部屋。

 

 

 茶を基調にした部屋。

 

 

 そして、基本の白。

 

 

 どの部屋も出来栄えは想像以上に良いものでした。

 「これだけやった部屋が決まらなくても、別に自己満足でいい感じになっちゃう

よな~。」

 「本当にgatsbyさん、凝り過ぎですよ。確かに利回りも出ているし、多少は凝っても

いいのでしょうけど、この低家賃帯でこの仕様はないですよ。」

 担当者は呆れたように答えました。

 「確かにな。この2万円の家賃帯でこれはないな。でも、逆に言うとそれだけ付加価

値の高い物件になったってことだろ? 営業マンや案内される人たちだって汚いよりも

ずっと満足してくれるさ。」

 「そりゃ、そうでしょうけど……。それと忘れていました、鍵の方も全室本当にカー

ドキーでいいんですか?」

 「もちろん。入居まで交換してくれればいいよ。」

 「よくgatsbyさんもそこまでお金をかけますね? このワンルームで客付けは難しい

かもしれないのに。」

 本音で語り合う仲の良い彼は個人的にも心配してくれているみたいでした。

 「だからこそだよ! 見に来る客が少ないなら余計、その客を逃さないようにしない

といけないだろ? よそでこんなに凝った激安ワンルームなんてないから、見てくれさ

えすれば決まると思うんだ。それにこれだけ手を入れていれば営業マンだって話のタネ

に客を紹介してくれるかもしれないだろ? そこで、だ。」

 早口で話す私は、一度言葉を切りました。

 「更なる営業マンの心をキャッチするため、広告料も多めに出そうと思う。」

 「これだけの物件にしたんだから、う~ん……3カ月くらいですか?」

 悩む担当者に私は首を横に振った。

 3カ月+フリーレント+保証協会の保証料。 (*'▽')

 え? えーーー!! ( ゚Д゚)

 一瞬の間をおいて、担当者絶句です。

 「ぎゃ、ぎゃっつ、gatsbyさん、空き室は23室、平均10万だとして230万です

よ!? その上、工事費だって掛かっているのに!!」

 「分かっているよ。でも、知名度もなく案内してもらえずにいれば、1年たったって

空室は埋まらないよ? それこそ期間の喪失ってやつだよ。一時の支出をケチれば結局

は損をする事になるんだよ。目先の金など欲しい人にくれてやればいい。そのかわりオ

レは必ずこれを満室にする。」

 「ほんとーーーに、gatsbyさんて投資家と言うよりギャンブラーですね!! あの

占いの話みたいになっていますよ?」

 

 ↓ 話に出てくるgatsbyが占いに行った時のお話。

www.gatsby.website

 

 

 「ありがとう。褒め言葉だと思って受け取るよ。」

 私は呆れる担当者の横で笑いました。

 でも心の中では闘志がみなぎっていました。

 もう、後戻りなどできない。前に進むだけ。

 背水の陣。

 お金もあるだけかき集めての「満室」という数字への最終ビットでした。

 オール オア ナッシング!!

 私は見積もり工事の終わったその日から、運命の空室募集を始めたのでした。

 

 次回、

   その物件、始まる!!

   お楽しみに!!

 

 ↓ 記事を読んで気に入ってくれたなら押して行ってください。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング 

 

専業主婦が年収1億のカリスマ大家さんに変わる方法

専業主婦が年収1億のカリスマ大家さんに変わる方法

 
不動産投資でハッピーリタイアした元サラリーマンたちのリアルな話

不動産投資でハッピーリタイアした元サラリーマンたちのリアルな話

 
儲かる!サラリーマン大家 不動産投資32の成功法則!

儲かる!サラリーマン大家 不動産投資32の成功法則!

 

五棟目のアパート経営から……利回り40%RCを満室にせよ!! ⑯

 こんにちは、gatsbyです!!

 

 やっと、五棟目の記事、

 再開です!! (*'▽')

 色々、寄り道的な記事も多かったせいか、久しぶりの本編再開です。

 

 ↓ 前回の復習です。 

www.gatsby.website

  

 今日もここから始める不動産黒歴史、行きますよ~!

 

 「本当に買っちゃったんですね…………。」

 ふふ、ここからが勝負だよ!! (*'▽')

 一人、カイジ的テンションの高さで管理担当者を私は鼓舞しました。

 

  ↓ いつものカイジ君です。

 

 テンションの高い私とは真逆な管理担当者Hさんは、ため息をつきました。

 その日私は、引き渡しの終わった五棟目現地にて、管理担当者Hさんと待ち合わせて

いました。

 「本当に満室にするのは難しいですよ?」

 「まぁまぁ、やってみようよ? もしかしたら、もしかするかもよ?」

 「gatsbyさんはポジティブというか楽観的というか……。」

 はは、よく言われる。(*'▽')

  逆境こそが正義!!

 断言する私に管理担当者Hさんはため息です。

 どうせ後戻りのできない条件付きの融資を受け、成功しなければ次はないー

 その背水の陣に近い状況が、私に更なるアドレナリンを与えてくれます。

 それでも状況は最悪でした。

 空室は32室中、23室。入居しているのが9室のみ。室内室外構わず犬のふんなど

落ちている上に、ボロボロな共用部廊下と学生にボコボコに壊された集合ポスト。廊下

の壁などは元々白くペンキを塗っていたのですが、黒ずんで廃墟のようです。

 「さて、どうしたものかですよ、gatsbyさん。」

 管理担当者は目の前の廃墟に頭を抱えそうになっていました。

 「じゃぁ、こうしよう。」

 私は事前に考えていた改装計画を提案してみました。

 まずは4階建ての廊下はすべて店舗用のクッションフロアに張替をする。汚い共用部

の壁は、一階だけがとても酷いので暖色系のペンキを塗る。なんとか薄汚れた程度の2

~4階の壁はそのまま。共用部ポストは縦型のオシャレな物に交換。

 「では、部屋の改装修繕はどういたしましょう? 2~3部屋を改装して入居が決ま

り次第、順次空き部屋を改装していきますか?」

 管理担当者の提案は、一般的なオーナーが空室が多いアパートを改装する時に、取り

入れている方法でした。こうする事で、改装費を一度に出す出費を抑えられるからでし

た。

 でも私は言いました。

 じゃぁ、全部やろうよ。 (*'▽')

 はぁ!? 全部、23室ですか!? ( ゚Д゚)

 絶句する担当者に私は話を続けました。

 「だってその方が業者さんだって効率的だし、そうすれば工事価格も少しは協力して

くれるでしょ? それから部屋のパターンだけど、デザインクロスを使用して3パター

ンぐらい違う部屋を作っていこうと思うんだ。」

 「それは確かに案内するには色々な部屋のパターンが見れて良いと思いますけど、工

事費も結構かかりますよ? その上、もちろん広告費だって必要ですし。」

 「もちろん、それは分かっているよ。たぶん、資金もカツカツになると思う。でも、

これは、この物件は必ず再生するよ。きっと最低7割までは入居率は復活できると思

うよ。営業マンにだって頑張ってもらわないといけないから、広告費はケチらないつも

りだし。」

 「そうでしょうか……。」

 担当者は完全に疑心暗鬼でした。

 それはしょうがないことでした。6~8帖のワンルームの上に、世間で嫌われている

トイレ・お風呂が一緒の三点ユニット。洗濯機の置き場もあるかないかの部屋も多い狭

い造りでしたから。

 「Hさんは心配症だなぁ。人生なんてケセラセラだよ?」

 「はは、gatsbyさんのその根拠のないポジティブさは嫌いじゃないですけどね。」

 担当者Hさんは苦笑いです。

 「あ、それとこれも確認してください。家賃帯はgatsbyさんと話した通り、最安値が

1万8000円。その他は2万~2万5千円くらいでいいでしょうか?」

 彼が手渡してきた想定家賃リストに私は目を通してOKを出しました。

 「地域最安値とはいかないけど、結構いけるんじゃない?」

 「そうですね、低家賃帯のお客のすそ野は広いので期待したいところですね。」

 そういう担当者に私は、見積もりを急ぐようにお願いしてその日は解散となりまし

た。

 

 

 その一週間後ー

 私の元に見積もりが届きました。

 合計、

 200万!!

 やっぱりこのぐらいはかかるだろうなぁ、と予想していた金額でした。

 ただ、業者さんもここから一度にすべて工事するのなら値引きをしてくれるという事

なので、OKを出しました。

 もう後戻りはできません!!

 いよいよ、勝負の始まりだ!!!

 私は激しく意気込みました。

 gatsbyの満室への戦いはここからが始まりでした。

 

 次回、

   まさかの想定外の展開!! 

   お楽しみに!!

 

 ↓ 記事をここまで読んでポチッと押してくれたら感謝でいっぱいです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

 

 

人生、楽に稼ぎたいなら不動産屋が一番!

人生、楽に稼ぎたいなら不動産屋が一番!

 
世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生

世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生

 
高校中退父さんのみるみるお金が増える不動産投資の授業

高校中退父さんのみるみるお金が増える不動産投資の授業

 

デコポン? もちろんデコポン!! 今度のふるさと納税はデコポンです。

 こんにちは、gatsbyです!!

 

 不動産ブログのはずが、最近は車やふるさと納税の記事が多いのは気のせいなので

す。

 さて、記事の題名にもなっているのが、そのままな品が先日gatsby家に届きました。

 デコポンです!!

 

f:id:GATSBYtan:20180402074107j:plain

 

 

 今回の納税先はこちらです。

 

 奈良県 明日香村

 明日香村産 不知火「でこちゃん」10kg

 

 

 通常、デコポンと言えば1万円の寄付で、3~5kgが普通なのですが、なんとこの

明日香村さんは太っ腹なのか、1万円の寄付でデコポン

 10kgです!! ( ゚Д゚)

 ただ、そのためか大きさはまちまちで、S~Lまでバラバラでした。それでも、果物を

こよなく愛す育ち盛りの子供達には魅力的な量です。味の方は、酸味と甘さのバランス

で言えば、もう少し甘さが欲しかった感じですかね。

 しかし、子供達は気にせずにもりもり食べていましたが……。(-_-;)

 最近は国の指導で、返礼品の金額を抑えられた中での品選びとしては、明日香村さん

は頑張っているなぁ、と感じた今日この頃でした。まる。

 

 

 

 ↓ 応援してね?

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング 

 

 

 

BMWZ8の下取り価格が1000万円になった件。

 

 こんにちは、gatsbyです!!

 

 最近、嫁によく言われます。

 パパ、目が死んでるよ? 

 それを言われてgatsbyは苦笑いです。風邪や原因不明な体調不良で死んだような姿で

事務所に座る私に嫁もため息です。

 「本当に物事が順調に進んでいる時のパパって、いつも顔が泣きそうで捨てられた子

犬みたいだよね。」

 「そんな事……ないもん。」

 「やっぱりパパは損な性格だよね。不幸体質なのか、トラブルを解決している時のほ

うが目が輝いてるもんね。」

 本業の仕事も計画通りに進んでいるし、不動産なんかも売れば高値でさばけてもいま

す。

 

 ↓ その記事ですよ。 

www.gatsby.website

 

 でもー

 ダメなんですよ。(T_T)

 まさに嫁の言う通りです。順調すぎる人生って燃えないんです。

 こうトラブルが多くて、空き室がいっぱいで、リフォームを熱心にしてるほうが心が

燃える天邪鬼なんです。

 あー、早く全室空室の不動産を買いたい!!

 結局、トラブル続きの海を泳ぎ続けないと死んじゃうマグロタイプなgatsby私生活情

報でした。

 

 あ、すみません、本題に入ります。

 先日、この記事をアップしました。 

 

www.gatsby.website

 

 

 それは先週のある日ー

 突如、札幌のBMWのディーラー営業マンKさんが訪ねてきてくれました。

 彼は私の地元でBMWのX3という車を納車に来たついでに、私の事務所にもよってく

れたみたいでした。

 

 ↓ X3です。 

 

 引用先:国際興業

 

 色々な話、北海道ではやはりセダンよりX3みたいなタイプがより多く売れる話や、こ

れから出る新しい車種の事などを聞かせてくれました。

 私はこのKさんからZ8を買っていたので、ついでにこれを売って乗りやすいものに買

い替えたい話をしてみました。

 「そうですか。ちょっと札幌に帰社したら調べてみますね。なにせ取引実績が少ない

車種なので、ほんと。」

 「急がないからわかったら教えてください。」

 そう答えて、彼は宿題にさせてくださいと帰って行きました。

 

 その数日後ー

 Kさんが再び私の事務所を訪問してきました。行動が早いです。( ゚Д゚)

 ついでに彼はBMW7シリーズのカタログを手にしていました。

 引用先:国際興業

 

 その上、話もそこそこに以下の提案をしてきました。

 「新しい740に乗って来たので、試乗しませんか?」

 「え、あ、じゃぁ、お言葉に甘えて。」

 流石、トップセールスです。上手く乗せられました。

 軽く街中を走行しましたが、やはり7シリーズは滑らかで乗り心地は最高でした。装

備や新たに追加されたシステムはハイテク過ぎて、ガラケーしかもたない私にはとても

ついていけないほど進化していました。うちにある旧740iとはレベルが違います。

 無事に事務所に戻ると、試乗の感想や車の性能の話で営業マンKさんと盛り上がりま

した。

 ただZ8の代わりのスポーツカーも考えなくてはいけないので、この740を、はい買

いますよ、とは簡単に返事ができない事をKさんに話しました。

 その話の中で、この年末から来年にかけて、8シリーズやi8のオープンカータイプが

出る事を聞きました。

 BMW 8シリーズクーペ

 bmw-i8-concept-spyder_01.jpg

 引用先:自動車最新情報さん

 

 「じゃぁ、一応それを見てからにしてもいいかい?」

 「全然、構いません。」

 彼はそう言いながら、一枚の紙を手渡してきました。

 「一応、740の見積もりも持ってきたので参考にしてください。」

 私はそれを受け取り、ざっと目を通しました。

 そしてある一点に目を止めました。

 「うん、下取り価格…………

 1000万!! ( ゚Д゚)

 私は正直、驚きました。そこには、Z8を下取る金額として1000万と記入されて

いました。基本、ディーラーの下取り金額は安く、売った方が高く売れるのは知ってい

ましたが、購入して5年になるものを買った値段で下取りしてくれるとは思いもしませ

んでした。

 「ヨーロッパのほうに物が流れているせいで、なにせ日本に残っているZ8が少なく

なってきているので、値段の方は頑張らせていただきました。」

 Kさんは満面の笑みです。

 一応、私は何を購入するか分からないけど、買うのは来年になるよと伝えたのです

が、それでも下取り価格は1000万のままで結構です、と彼は答えました。

 そうして商談は終わりました。

 本当に、

 恐るべし、レアZ8!!! ( ゚Д゚)

 でした。

 

 

 ↓ 応援してくださって、感謝です! <m(__)m> 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング 

 

スーパーSCOOPスペシャル 2018年最新版

スーパーSCOOPスペシャル 2018年最新版

 
BMW MAGAZINE 2018 (メディアパルムック)

BMW MAGAZINE 2018 (メディアパルムック)